「ブレードランナー」のフィリップ・K・ディックの伝記映画が製作へ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年11月2日 > 「ブレードランナー」のフィリップ・K・ディックの伝記映画が製作へ
メニュー

「ブレードランナー」のフィリップ・K・ディックの伝記映画が製作へ

2007年11月2日 12:00

[映画.com ニュース] 「ブレードランナー」「トータル・リコール」「マイノリティ・リポート」などのSF映画の原作者として知られる作家フィリップ・K・ディックの伝記映画が現在準備中であることを、ディック役を演じるポール・ジアマッティ(「サイドウェイ」)が米MTVに語った。

「現在、脚本を書いている人物がいる」と彼が語るプロジェクトのタイトルは、82年のディックの絶筆と同じ、「The Owl in Daylight(昼のフクロウ、の意)」。B級映画の作曲家で、サウンドを聴く能力や芸術や幸福を味わう能力に欠けた主人公が、現実と虚構の間で混乱するという、脚本家チャーリー・カウフマン(「マルコヴィッチの穴 」「アダプテーション」)の作品にも似た複雑な内容になるという。

「このアイディアは彼(ディック)の最期の作品から取られたものだ。彼の物語は屈折した現実世界を描くものが多い。彼は精神的に病んでいて、数多くの問題を抱えていたと言われている。何度も結婚しているし、偏執的な行動も起こしている奇妙な男だよ。とても興味深く、実に複雑な人生を送っていたね」とジアマッティ。

かつて同作の監督候補として、「バロン」「フィッシャー・キング」のテリー・ギリアム監督が噂になったことがあるが、ジアマッティはMTVに対して監督と脚本家の名前を口にしていない。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi