「ALWAYS 三丁目の夕日」続編に大変なことが起こる? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年7月5日 > 「ALWAYS 三丁目の夕日」続編に大変なことが起こる?
メニュー

「ALWAYS 三丁目の夕日」続編に大変なことが起こる?

2007年7月5日 12:00

あとは山崎監督の腕次第! 会見に参加した夕日町の人々の一同「ALWAYS 続・三丁目の夕日」

あとは山崎監督の腕次第!
会見に参加した夕日町の人々の一同
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 東京タワー完成前、昭和33年の東京下町・夕日町の人々の人情を描いたヒット作の続編、「ALWAYS 続・三丁目の夕日」の製作報告会が7月4日、東京・三越前の日本橋HD DVDプラネタリウム跡地で行われた。会場には、吉岡秀隆堤真一小雪堀北真希須賀健太薬師丸ひろ子ら前作でおなじみのキャストが顔を揃え、“本邦初公開”となる同作の約6分間のプロモーション映像を記者たちと一緒に鑑賞。上映後は山崎貴監督(脚本・VFXも担当)らも加わって登壇し、賑やかな会見となった。

今回は、東京タワー完成の翌年、皇太子殿下(現天皇陛下)御成婚や東京オリンピック開催決定に国民が沸いた昭和34年が舞台。茶川は淳之介を“食わせる”ために、芥川賞を目指して純文学の執筆に取り組むことに。一方、高度経済成長の波に乗って鈴木オートは取引先を拡大して順風満帆。そんな鈴木一家にお嬢様育ちの親戚の女の子がやって来て、というストーリー。

撮影は今年の3月までに終了し、現在はポストプロダクションの真っ最中とか。6分間の映像を初めて見た俳優陣は、VFXに依然奮闘中の山崎監督への期待とエールを込めて語った。「美しい国ニッポンは続『ALWAYS』にあります」(吉岡)、「あの音楽を聴いただけで涙腺がウルウルします。セットに初めて戻った時、続編ということで膝がガクガク震えた」(堤)、「皆さんの愛情と情熱を感じ取れますね」(小雪)、「前回の自分に勝てなかったら、2年間何も成長していないことになる」(堀北)、「早く全部見たいです」(須賀)、日本橋の上空に高速が架かっていないCG映像は、想像以上でした」(薬師丸)。

山崎監督は「続編は作らないという約束だった」と明かしたが、「キャストとスタッフが全員再結集してくれて、うれしかった。三丁目を訪ねてドキュメンタリーを撮っている楽しい雰囲気があって、常にモニターを見ながらゲラゲラ笑っていました」と語り、「CGについては、オープニングで“大変なこと”が起こるんです!」と意味深なコメントを残して会見を締めくくった。

ALWAYS 続・三丁目の夕日」は、11月3日全国東宝系ロードショー。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi