「スーパーマン」のシンガー監督、次回作はゲイの活動家の伝記映画 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年7月5日 > 「スーパーマン」のシンガー監督、次回作はゲイの活動家の伝記映画
メニュー

「スーパーマン」のシンガー監督、次回作はゲイの活動家の伝記映画

2007年7月5日 12:00

ゲイの生きざまなら 任せて「スーパーマン」

ゲイの生きざまなら
任せて
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「スーパーマン・リターンズ」の続編「Superman: The Man of Steel(スーパーマン:鋼鉄の男)」になると思われていたブライアン・シンガー監督の次回作が、ゲイの活動家ハーベイ・ミルクの伝記映画「The Mayor of Castro Street(カストロ通りの市長)」になるという。

同作のプロデューサー、ニール・メロンクレイグ・ゼイダンの両氏(「シカゴ」「ヘアスプレー」)が、米映画サイトRottenTomatoes.comに語ったもので、シンガー監督は戦争映画「ワルキューレ」の撮影が終わり次第、「スーパーマン」より先に、同企画のプリプロダクションに取り掛かる模様。2人が企画をスタートさせたのは15年前とのこと(当初はオリバー・ストーン監督、ロビン・ウィリアムズ主演)。

ハーベイ・ミルク(1930-78)は77年に米サンフランシスコ市評議員に当選し、全米で初めてゲイであることを公表しながら選挙で選ばれた政治家。翌年、同僚評議員によって射殺されたため、ゲイの権利運動の“殉教者”と讃えられ、数多くのミュージカルやロック音楽の題材になった人物。彼の人生が描かれたドキュメンタリー「ハーヴェイ・ミルク」(84)はオスカーを獲っている。

スーパーマン・ファンにはちょっと残念だが、ゲイだと公言するシンガー監督が、ゲイの殉教者役に誰をキャスティングするか、大いに楽しみだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi