「スパイダーマン」の生みの親、スタン・リーがディズニーと契約 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年6月8日 > 「スパイダーマン」の生みの親、スタン・リーがディズニーと契約
メニュー

「スパイダーマン」の生みの親、スタン・リーがディズニーと契約

2007年6月8日 12:00

スパイダーマン」「X-MEN」「ファンタスティック・フォー」などマーベル・コミックの人気キャラたちの生みの親であるスタン・リーが、米ウォルト・ディズニー社と独占契約を結んだことが明らかになった。今後、ディズニー社は、スタン・リーがCEOを務めるPOW!Entertainmentが企画開発する映画やTV番組、TVゲームの権利を取得することになる。

ソニー・ピクチャーズの「スパイダーマン」シリーズや、20世紀フォックスの「X-MEN」シリーズなど、スタン・リー原作のコミックヒーロー映画が各メジャースタジオの屋台骨となっている今、ディズニー社の狙いは新たな大ヒットシリーズ獲得のようだ。なお、現在84歳のスタン・リーは、映画やTVなどの企画を数百万抱えていると豪語しており、頼もしい限りである。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi