ローリング・ストーン誌表紙でキース&ジョニー“父子”の2ショット! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年5月18日 > ローリング・ストーン誌表紙でキース&ジョニー“父子”の2ショット!
メニュー

ローリング・ストーン誌表紙でキース&ジョニー“父子”の2ショット!

2007年5月18日 12:00

「ワールド・エンド」の “ジョニー、ミー・ボーイ”「パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド」

「ワールド・エンド」の
“ジョニー、ミー・ボーイ”
(C)Disney Enterprises, Inc. &
Jerry Bruckheimer, Inc
[拡大画像]

5月18日に全米発売される米音楽誌ローリング・ストーン最新号で、キース・リチャーズ(ローリング・ストーンズのギタリスト)とジョニー・デップによる待望の2ショット写真が表紙を飾った。「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」で父子共演した2人の写真は、ジョニー(43)がキース(63)の肩に手を回して“父子”のような親密さで2人して笑顔を振りまいている。また、カバーストーリーとして2人の独占インタビューが掲載されている。

ギターフリークで、キースのファンを自ら公言するジョニーは対談中も終始ご機嫌。キースも「ジョニー、ミー・ボーイ(私の息子)」と呼ぶほど親しげな様子だ。「『パイレーツ1』の撮影に入る前に、ジョニーが電話をよこしてきて、“あなたにお知らせしなければならないことが……今度のキャラクター(ジャック・スパロウ)を演じるのに、あなたを参考にしました”と言ったんだ。よくぞ知らせてくれた。ありがとう、ジョニー。別の方法だったら、お前のケツに見舞ってやるところだった(笑)」と語るキースは、前2作の感想について、「公開されてすぐ『パイレーツ1』を見た。『パイレーツ2』では寝てしまったが、3日間上機嫌だったよ」と正直に告白。すると、ジョニーも「僕自身寝ていたかもしれないし」と応えるなど、和気あいあいとした空気が伝わってくる。

音楽誌だけあって、ジョニーはお気に入りのキースの曲として「『Before They Make Me Run』と『Little T&A』」を挙げ、「ギタープレイヤーとして、彼は神だよ。いまだにね。(横にいるキースに向かって)彼には言えないけど(笑)」と白状している。

キース&ジョニーが共演する「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」は5月25日全世界同時公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi