ジョニー・デップが「パイレーツ4」へ意欲マンマン! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年5月11日 > ジョニー・デップが「パイレーツ4」へ意欲マンマン!
メニュー

ジョニー・デップが「パイレーツ4」へ意欲マンマン!

2007年5月11日 12:00

5月25日公開 「パイレーツ・オブ・カリビアン/ ワールド・エンド」「パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド」

5月25日公開
「パイレーツ・オブ・カリビアン/
ワールド・エンド」
(C)Disney Enterprises, Inc. &
Jerry Bruckheimer, Inc
[拡大画像]

ジョニー・デップが、「パイレーツ・オブ・カリビアン」4作目が製作される場合、出演する意欲があることを明らかにした。5月11日に発売された米エンターテインメント・ウィークリー誌の「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」の特集記事のインタビューで語ったもので、4作目について「ちゃんと正当な理由があれば、誰だって(ジャック・スパロウ役を)やるだろう。違うかい? バカバカしくて、おかしくて、全体的に常軌を逸した、挑戦的なストーリーに仕上がっていたならね」と色気たっぷりの様子。

これまで続編に出なかった彼が3度目のジャックを演じることについては、「続編には出ないとルールで決めているからね(笑)。いや、ただ一度『シザーハンズ』のエドワードだけは真剣に続編を考えたことがある。(映画のすぐ後は)あの物語を考え直す必要はないと思ったんだが、その後(続編を)やってもよかったかなと思うようになったんだ。ジャック・スパロウについても同じさ。詰まるところ、僕が彼を演じたかったんだね」とコメント。

今回の「ワールド・エンド」にカメオ出演した“父役”のローリング・ストーンズのギタリスト、キース・リチャーズは、常々ジャックの扮装のモチーフだと語っている憧れの人だ。「彼があんなにすごい俳優だったとは考えもしなかった。まるで町にぶらりとたどり着いた早撃ちガンマンさ。女全員を魅了し、男全員を感銘させて、去っていくんだからね」

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」は、5月25日全世界同時公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi