スニーカーのドキュメンタリーで知る、スーパースターの意外な過去 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年5月18日 > スニーカーのドキュメンタリーで知る、スーパースターの意外な過去
メニュー

スニーカーのドキュメンタリーで知る、スーパースターの意外な過去

2007年5月18日 12:00

アディダス、ナイキといった有名スニーカーブランドが、今日の人気を獲得するに至った秘密を解き明かすドキュメンタリー映画「JUST FOR KICKS」が、5月19日から渋谷シネクイントでレイトショー公開される。政治や社会問題、音楽を題材にしたドキュメンタリー映画の製作や上映が活発な感はあるが、スニーカーのドキュメンタリーは珍しい。本作では、誰もが知るスポーツ界や音楽界のスーパースターとスニーカーの意外な関係も垣間見ることができる。その好例が米バスケットボール界の“神”と言われたマイケル・ジョーダンのエピソード。そのあまりの人気ぶりに、全米の青少年の間で強盗事件なども起きた伝説のスニーカー“エア・ジョーダン”の誕生秘話も収められている。

マイケル・ジョーダンがNBAシカゴ・ブルズに入団した84年当初、NBA選手が履くシューズはアディダスやコンバースが大半を占め、ナイキはその後塵を拝していたが、注目を集めるため、当時としては異例ともいえる、新人選手の名を冠するモデルを製作した――マイケル・ジョーダンはジャンプの滞空時間の長さから「エア(Air)」の愛称があった。エア・ジョーダンは、空気をふんだんに取り入れたクッション性の高いシューズという意味と、マイケルの愛称のダブルミーニングだった。

また、当時のNBAには「選手は(表面の)80%以上が白を基調色としたシューズを履かなければならない」というユニフォーム規定があり、赤や黒を基調とした初代エア・ジョーダンは、規定に違反していた。それを試合で履けばジョーダン本人に罰金が課せられるが、ナイキはその罰金を肩代わりしてでも、ジョーダンにエア・ジョーダンを履くように促したそうで、やがてジョーダン本人の人気が上昇するとともに、彼が履くシューズの人気にも火がつき、結果としてナイキはスニーカーのトップブランドへと昇りつめていったという。

これは、マイケル・ジョーダンとナイキが、まさに二人三脚でともに成長した例だが、本作では他にもヒップホップ・グループRUN-DMC、女性ラッパーのミッシー・エリオットらスーパースターのスニーカーにかける情熱を追っている。普段何気なくスニーカーを履いている人も、コレクターの人も、この映画で意外な新事実を知ることができるかもしれない。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi