ジョージ・ルーカスが「スパイダーマン3」を批判する爆弾発言! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年5月11日 > ジョージ・ルーカスが「スパイダーマン3」を批判する爆弾発言!
メニュー

ジョージ・ルーカスが「スパイダーマン3」を批判する爆弾発言!

2007年5月11日 12:00

決して 嫉妬ではありません「スパイダーマン3」

決して
嫉妬ではありません
[拡大画像]

米タイム誌が発表した“世界に最も影響力のある100人”を招待するオールスター晩餐会が、5月8日にニューヨークで開催された。このパーティの席で、ジョージ・ルーカスがFoxNewsに対し、「スター・ウォーズ」シリーズをさらに2本、TV向けに製作する意思があることを明らかにした。新たな作品は、スカイウォーカー家は登場せず、別のキャラクターが主人公となる予定で、各1時間程度のTV番組として製作されるとのこと。

この他にも、プロデュースを手掛ける「インディ・ジョーンズ4」の準備中であるルーカスは、世界中で大ヒットを飛ばしながらも批評家からは不評の嵐の「スパイダーマン3」を批判し、「くだらない映画だ。中身もない。ほとんどストーリーがないじゃないか」と爆弾発言。「かつては『スター・ウォーズ』をくだらないと言う人もいたが、今ではいないよね」とウィンク交じりに語ったという。

全米でこの夏公開の超大作は、ルーカス率いるILMでVFXを担当した作品がほとんど。その唯一の例外が「スパイダーマン3」で、ルーカスのやっかみと見る向きもあるが、この爆弾発言が大いに物議をかもしている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi