「スパイダーマン」プロデューサーがシリーズ続行を示唆 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年3月13日 > 「スパイダーマン」プロデューサーがシリーズ続行を示唆
メニュー

「スパイダーマン」プロデューサーがシリーズ続行を示唆

2007年3月13日 12:00

まだまだ続けるよ「スパイダーマン」

まだまだ続けるよ
[拡大画像]

トビー・マグワイアがピーター・パーカー役からの降板を表明しているなか、「スパイダーマン」のプロデューサーの1人であるアビ・アラド(写真)は「ピーター・パーカーの物語は今後も続いていく」と、シリーズ続行の意志を明らかにした。「スパイダーマン3」でサム・ライミ監督やマグワイアをはじめとするメインキャストたちの契約が切れるため、3作目がシリーズ最後になるのではないかという声が出ていたが、アラドは「単なる3番目の映画に過ぎない」と否定した。シリーズ全作品を手がけた脚本家のデビッド・コープは、すでに「スパイダーマン4」の脚本を依頼されたとの情報もある。「スパイダーマン3」は5月1日、日本公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi