「ディパーテッド」脚本家の新作2本にディカプリオ、スコセッシが参加 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年3月2日 > 「ディパーテッド」脚本家の新作2本にディカプリオ、スコセッシが参加
メニュー

「ディパーテッド」脚本家の新作2本にディカプリオ、スコセッシが参加

2007年3月2日 12:00

また香港映画のリメイク「ディパーテッド」

また香港映画のリメイク
[拡大画像]

ディパーテッド」でアカデミー賞脚色賞を受賞した脚本家ウィリアム・モナハンが執筆する新作映画2本に、マーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ディカプリオがそれぞれ参加することが明らかになった。現在、モナハンがリライトを手がけている「The Long Play」は、スコセッシ監督作として現在準備が進められているという。これは、音楽業界を舞台にR&Bからヒップホップ誕生までの変遷を体験する2人の親友の物語で、原案はスコセッシ、プロデュースはミック・ジャガーとのこと。

また、モナハンは「インファナル・アフェア」監督・脚本トリオのアンドリュー・ラウアラン・マックフェリックス・チョンによる最新作「傷城/Confession of Pain」(トニー・レオン金城武主演)のハリウッドリメイクも執筆する予定で、リメイク版はディカプリオが主演とプロデュースを手がけるという。他にも「ディパーテッド」の続編執筆などがあり、人気脚本家として多忙な日々を過ごすことになりそうだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi