「バベル」の手柄を巡って監督と脚本家が内輪もめ! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年3月2日 > 「バベル」の手柄を巡って監督と脚本家が内輪もめ!
メニュー

「バベル」の手柄を巡って監督と脚本家が内輪もめ!

2007年3月2日 12:00

4月28日より公開の「バベル」「バベル」

4月28日より公開の「バベル」
(C)2006 by Babel Productions, Inc.
All Rights Reserved
[拡大画像]

アカデミー賞6部門ノミネート(うち作曲賞受賞)の話題作「バベル」の原案を巡って、監督と脚本家の対立が激化している。脚本を執筆したギジェルモ・アリアガは、「バベル」の原案に監督のアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥの名前がクレジットされたことに腹を立て、イニャリトゥ監督が「バベル」の手柄をすべて自分のものにしようとしていると批判。これに対し、イニャリトゥ監督は「きみが、あの映画を自分1人の手柄だと思い込んでいることを非常に残念に思う。きみは知らないかもしれないが、映画とは深いコラボレーションの上に成り立つアートなのだ」とメキシコの雑誌Chilangaを通じてアリアガに返答した。その書簡には、「バベル」に参加したガエル・ガルシア・ベルナル、アドリアナ・バラーザ、グスターボ・サンタオラヤ (音楽)の署名もあり、イニャリトゥ監督の人望を証明する形となっている。ちなみに、アリアガとイニャリトゥは「アモーレス・ペロス」「21グラム」でも一緒に仕事をしている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi