アンジェリーナ・ジョリーの母が子宮ガンのため死去 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年1月30日 > アンジェリーナ・ジョリーの母が子宮ガンのため死去
メニュー

アンジェリーナ・ジョリーの母が子宮ガンのため死去

2007年1月30日 12:00

アンジェリーナ・ジョリーの母マシェリーヌ・ベルトランが1月27日、ロサンゼルスの病院で子宮ガンのため死亡した。アンジェリーナと兄のジェイミー・ヘブン、そして恋人のブラッド・ピットが見守る中、約7年半の闘病の末、56歳で息を引き取った。ベルトランは女優として映画の端役に出演し、71年に俳優のジョン・ボイトと結婚。2人の子供をもうけたあと、78年に離婚している。アンジェリーナはかつてインタビュー番組「アクターズ・スタジオ」に出演した際、母の影響で演技に目覚めたことを明らかにしていた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi