焦るジム・キャリー、所属事務所と決別! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年9月19日 > 焦るジム・キャリー、所属事務所と決別!
メニュー

焦るジム・キャリー、所属事務所と決別!

2006年9月19日 12:00

※06年7月11日より、「ニュース&噂」は毎週火曜日・金曜日の週2回更新となりました

出演予定作が立て続けに製作中止になったことを理由に、ジム・キャリーが自らが所属するエージェンシーと離別した。ジムは「Used Guys」と「Ripley's Believe or Not」という2つの大作映画に出演する予定だったが、どちらも予算が1億ドル(約117億円)を超えたため、スタジオが製作中止を決定。05年の出演作「ディック&ジェーン/復讐は最高!」が1億ドルの製作費をかけながら、アメリカ国内の興行収入が1億1000万ドルと、ジムにしてはふるわない成績だったために、各スタジオのジムに対する評価は急降下している。これまで映画1本あたり、2000万ドル(約23億円)の出演料を要求していた彼だが、オファーされる出演料もかなり落ちているとのこと。こうした状況にしびれをきらしたジムは、これまでエージェント業務を任せていたユナイテッド・タレント・エージェンシーを離れることを決意した。ジムは、キャメロン・ディアスと久々の共演を果たす「A Little Game」の撮影が控えており、本作でイメージ挽回を図りたいところだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi