アメリカでも映画のダウンロード販売開始 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年4月4日 > アメリカでも映画のダウンロード販売開始
メニュー

アメリカでも映画のダウンロード販売開始

2006年4月4日 12:00

イギリスで一足先に始まった映画のダウンロード販売が、アメリカでも本格的にスタートした。ワーナー、ユニバーサル、ソニー、パラマウント、20世紀フォックス、MGMは、メジャースタジオが合同で設立した映画サイトMovielinkを通して映画の販売を開始。同サイトでは、これまで24時間のみ視聴できるレンタル形式のダウンロードを行っていたが、これからは時間の制限なく視聴することができる購入形式も選択できるようになった。値段は新作映画で20ドルから30ドル、旧作は10ドルから20ドルとDVDと同じ価格帯。ただし、ダウンロードした映画を鑑賞できるのはコンピューター上のみで、通常のDVDプレーヤーでは再生できないようになっているという。また、ソニーとライオンズゲートは、別の映画サイトCinemaNowでもダウンロード販売開始している。これにより、映画のダウンロード販売に取り組んでいないメジャースタジオは、ディズニーのみとなった。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi