ディズニー、ピクサー買収で内部分裂? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年4月4日 > ディズニー、ピクサー買収で内部分裂?
メニュー

ディズニー、ピクサー買収で内部分裂?

2006年4月4日 12:00

ディズニーが初めて自社製作したCGアニメ映画で、大ヒットを記録した「チキン・リトル」のプロデューサーと監督が、ディズニーを辞職していたことが明らかになった。

マーク・ディンダル監督とプロデューサーのランディ・フルマーは、ディズニーで「ラマになった王様」や「チキン・リトル」を製作したが、最近になって突然辞職。ディズニーがピクサーを買収したことにより、ピクサーのエド・キャットムルがディズニー・アニメーション・スタジオの社長に、ピクサーの看板監督であるジョン・ラセターがチーフ・クリエイティブ・オフィサーとしてディズニーで製作するアニメーション映画すべてを指揮することなり、ピクサーがディズニー・アニメーションを支配することに反発しての辞職ではないかとの憶測が流れている。だが、当の2人は「1人になってやりたいことがある」(フルマー)、「1年間休暇を取って、じっくりと新作の企画を練りたい」(ディンダル監督)と、ピクサーとの関連性を否定している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi