狐を通して親子の絆描く「子ぎつねヘレン」完成 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年2月14日 > 狐を通して親子の絆描く「子ぎつねヘレン」完成
メニュー

狐を通して親子の絆描く「子ぎつねヘレン」完成

2006年2月14日 12:00

来場した子供たちに囲まれる大沢、松雪ら「子ぎつねヘレン」

来場した子供たちに囲まれる大沢、松雪ら
[拡大画像]

昨年の「クイール」に続いて松竹が送り出す、春休み動物映画シリーズ第2弾「子ぎつねヘレン」がこのほど完成。2月12日、有楽町朝日ホール(東京・有楽町)にて完成披露親子試写会が開催され、主演の大沢たかお松雪泰子河野圭太監督らが舞台挨拶を行った。

映画は目と耳が不自由な1匹の子狐ヘレンを通して、主人公の少年やその家族のふれあいを描く感動作。当日は約700名の親子が招待された。大沢は「ヘレンを通して家族がひとつになっていくところや、人とふれあうことの意味など、いろんな言葉が込められている。つい最近観たのですが、すごく感動してしまいました」と挨拶。共演の松雪も「北海道の大自然だけでも見ていて心地いいと思いますし、ヘレンを世話する主人公・太一の姿も感動的。すごく暖かい気持ちになれる映画です」と口を揃えていた。

子ぎつねヘレン」は3月18日全国ロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi