求む配給先!「ホテル・ルワンダ」日本公開を求める運動 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年8月16日 > 求む配給先!「ホテル・ルワンダ」日本公開を求める運動
メニュー

求む配給先!「ホテル・ルワンダ」日本公開を求める運動

2005年8月16日 12:00

運動の告知チラシ「ホテル・ルワンダ」

運動の告知チラシ
[拡大画像]

94年にアフリカのルワンダ共和国で起こった大量虐殺事件の中で、人々の命を救うために奔走したホテル・マネージャーを描いた映画「ホテル・ルワンダ」。今年のアカデミー賞で主要3部門にノミネートされるなど高い評価を得たが、日本での配給元が決まっていない。

そんな「ホテル・ルワンダ」の日本公開を求める運動が、静かな広がりを見せている。そもそものきっかけは、1人の映画ファンがネット上にコミュニティを立ち上げ、同作の日本公開を呼びかけたことに始まるが、趣旨に賛同するメンバーが次々に現れ、現在は署名運動となって展開している。

彼らが国内の配給会社に対し、同作の配給権を獲得する予定があるかどうか問い合わせたところ、「興味はあるがビジネスとしては厳しい」という回答が多かったそうだ。一方で、立川シネマシティなどの劇場が「配給先が見つかれば、協力を検討したい」としている。ちなみに、署名は現在のところ約2000件まで達しているそうで、10月末までに3万人の署名を集め、06年春の公開を目指すというのが当面の目標とのこと。

アフリカを舞台にした政治ドラマという、確かに日本では難しそうな作品だが、映画ファンの働きかけによって公開が決まるようなら、快挙と呼んで間違いない。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi