「スーパーマン・リターンズ」、ホワイト編集長が決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年4月12日 > 「スーパーマン・リターンズ」、ホワイト編集長が決定
メニュー

「スーパーマン・リターンズ」、ホワイト編集長が決定

2005年4月12日 12:00

ブライアン・シンガー監督の「スーパーマン」シリーズ最新作「スーパーマン・リターンズ」で、スーパーマン(クラーク・ケント)が勤務しているデイリープラネット新聞社の編集長、ペリー・ホワイト役にフランク・ランジェラが決定した。ホワイト編集長役は、当初ヒュー・ローリーが決まっていたが、出演中のテレビドラマのスケジュールと折り合わず、降板していた。

ランジェラは、ジョン・バダム監督による「ドラキュラ」(79)でドラキュラ伯爵を演じたほか、ロマン・ポランスキー監督「ナインスゲート」(99)などに出演している。

本作では、スーパーマン役に無名のブランドン・ルースを抜擢。ロイス・レーン役にケイト・ボスワース、ホワイト編集長の息子、リチャード・ホワイト役にはジェームズ・マーズデン。宿敵レックス・ルーサーはケビン・スペイシーが演じる。

撮影はすでにオーストラリアでスタートしており、06年6月30日に全米公開される予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi