モニカ・ベルッチが妊婦姿でヌードになった理由 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年12月7日 > モニカ・ベルッチが妊婦姿でヌードになった理由
メニュー

モニカ・ベルッチが妊婦姿でヌードになった理由

2004年12月7日 12:00

なんとも大胆「スパイ・バウンド」

なんとも大胆
[拡大画像]

“イタリアの宝石”と称えられる美貌で人気のイタリア人女優モニカ・ベルッチは、今年の秋に夫で俳優のヴァンサン・カッセルとの間に設けた女児を出産したが、出産前、ベルッチはイタリア版「Vanity Fair」誌で妊婦姿のヌードを披露していたことがわかった。

これは、今年3月にイタリアで施行された、未婚女性や同性愛カップルの女性、出産適齢期を大幅に過ぎている女性への人工授精治療を禁止した法律に対する抗議のためで、ベルッチは雑誌内で「この国では、定められたゴム印を捺して結婚を受理されていないというだけの理由で、子どもを身ごもるための治療を受けてはいけないの」とコメント。「イスラム教の国々では女性は頭から布を被らなくてはならないし、イタリアでは、結婚していなければ母親になるための科学的治療の助けを得ることができない」と宗教的、倫理的な理由が常識よりも優先されていることを批判した。また、ベルッチは母親になる決断をしたことについて「私は18歳のときから体型が全く変わっていない。私の胸が飾りではなく、その定めを果たすためにあるということを望んだ」と語っている。

女優としてのモニカ・ベルッチの主演最新作は、夫であるヴァンサン・カッセルと共演した「スパイ・バウンド」で、日本では05年1月29日に公開される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi