「華氏911」のTV放映がキャンセル。共和党の圧力か? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年10月19日 > 「華氏911」のTV放映がキャンセル。共和党の圧力か?
メニュー

「華氏911」のTV放映がキャンセル。共和党の圧力か?

2004年10月19日 12:00

またもトラブル発生「華氏911」

またもトラブル発生
[拡大画像]

マイケル・ムーア監督の問題作「華氏911」の全米放送が、突然キャンセルとなった。アメリカ大統領選挙の前日にペイ・パー・ビュー方式での放送を企画していたイン・デマンドは、「ビジネス的かつ法的な根拠による」と中止に至った理由を説明。それ以上の言及を避けたが、共和党の有力者から強力な圧力がかかったものとみられている。マイケル・ムーアは、「何者かが圧力をかけたのは明白で、イン・デマンドは契約違反を犯した」と、イン・デマンドに対して法的措置を検討しているという。ちなみにイン・デマンドは、タイムワーナー、コックス、コムキャスト3社が所有しており、同社が提供するペイ・パー・ビューは2800万世帯で視聴可能だ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi