「サイコ」のジャネット・リーが死去 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年10月5日 > 「サイコ」のジャネット・リーが死去
メニュー

「サイコ」のジャネット・リーが死去

2004年10月5日 12:00

アルフレッド・ヒッチコック監督の「サイコ」(60)で、シャワーを浴びている最中に殺される役柄で有名になり、同作ではアカデミー賞の助演女優賞にノミネートされた女優ジャネット・リーが、10月3日、ビバリーヒルズにある自宅で死去した。享年77歳だった。4日、娘で女優のジェイミー・リー・カーティスの広報が明らかにした。

リーは、47年に映画界にデビュー。51年には、3度目の結婚で俳優のトニー・カーティスと結婚。2人の娘、ケニーとジェイミー・リーは共に女優になった。トニーとは63年に離婚し、現在の夫とは4度目の結婚だった。近年は血管炎を患い、闘病生活を送っていたが、最期は、夫やケリー、ジェイミー・リーに見守られながら、穏やかに息を引き取ったという。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi