「スチームボーイ」、ベネチアから世界へ。続編企画も進行中! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年7月20日 > 「スチームボーイ」、ベネチアから世界へ。続編企画も進行中!
メニュー

「スチームボーイ」、ベネチアから世界へ。続編企画も進行中!

2004年7月20日 12:00

世界に飛び立つ「スチームボーイ」「スチームボーイ」

世界に飛び立つ「スチームボーイ」
[拡大画像]

7月17日、10年近い歳月と24億円という製作費を投じて作られた大友克洋監督の最新作「スチームボーイ」が公開されたが、それに先立つ14日、同作が今秋の第61回ベネチア国際映画祭(現地時間9月1日~11日開催)のクロージング作品として上映されることが発表された。世界3大映画祭(カンヌ、ベネチア、ベルリン)でオープニングまたはクロージングにアニメ作品が選ばれるのは初めてのことで、大友監督や主人公レイ役の鈴木杏らが現地入りする予定。同映画祭が「スチームボーイ」の海外での初披露となり、その後9月からフランス、イギリス、ドイツ、イタリアなどヨーロッパ各国で、また、クリスマスから来年にかけ、オスカーを狙ってアメリカで公開される。

さらに、同作のエグゼクティブ・プロデューサーである渡辺繁氏は、公開初日の17日、日比谷映画(東京・日比谷)で行われた舞台挨拶で、同作の続編企画が進行中であることを明かした。劇場用映画になるかTVシリーズになるかはまだ未定だが、主人公レイのその後の活躍や、ヒロインのスカーレットが“スチームガール”になる話が描かれるそうで、「今度は10年もかけたくないので(笑)、2年後にはお見せできるようにしたい」と語っていた。

(C)2004 大友克洋・マッシュルーム/STEAMBOY製作委員会

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi