「キング・アーサー」のお手本は「七人の侍」。監督らが来日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年7月20日 > 「キング・アーサー」のお手本は「七人の侍」。監督らが来日
メニュー

「キング・アーサー」のお手本は「七人の侍」。監督らが来日

2004年7月20日 12:00

(左より)アントワン・フークワ監督、ヨアン・グリフィズ、 クライブ・オーウェン、ジェリー・ブラッカイマー「キング・アーサー」

(左より)アントワン・フークワ監督、ヨアン・グリフィズ、
クライブ・オーウェン、ジェリー・ブラッカイマー
[拡大画像]

「パイレーツ・オブ・カリビアン」「アルマゲドン」などで知られるヒット・プロデューサー、ジェリー・ブラッカイマーの最新作「キング・アーサー」の日本公開を今週末に控え、製作のブラッカイマー以下、監督のアントワン・フークワ、主演のクライブ・オーウェンヨアン・グリフィズが来日。7月20日、東京・新宿のパークハイアット東京にて記者会見を行なった。

映画はアーサー王と6人の円卓の騎士の活躍を描いた歴史スペクタクル。黒澤明監督の名作「七人の侍」の大ファンというフークワ監督は、「私が『七人の侍』を好きなのは、自らを省みず、報酬も求めずに自己犠牲を買って出る人たちが登場するからで、本作にもそれを反映させました。また、演出においても黒澤監督は、キャラクターをしっかりと描いてから彼らのアクションを見せていたので、それも踏襲しています」と黒澤監督へのリスペクトを熱烈に語った。また、西洋史上最大の伝説の王を演じたクライブ・オーウェンはその重責について、「アーサー王の伝説は、イギリス中の子供が成長するにすれて慣れ親しむものです。以前から、ハリウッド資本でアーサー王伝説が映画化されることは知っていたのですが、アーサー役は当然ハリウッドのトップスターが演じると思っていたので、まさか自分になるとは思っても見ませんでした。撮影の7割が馬上でしかも剣術の訓練もあり、体力的に非常に大変だったのですが、とても光栄だと思います」と語った。「キング・アーサー」は24日公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi