「パッション」、今度はTV放映で暗礁に? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年4月27日 > 「パッション」、今度はTV放映で暗礁に?
メニュー

「パッション」、今度はTV放映で暗礁に?

2004年4月27日 12:00

論争の種は尽きない「パッション」

論争の種は尽きない
[拡大画像]

間もなく日本でも公開されるメル・ギブソン監督の話題作「パッション」だが、アメリカでは、テレビ放映権の販売で苦戦を強いられている。その過激な暴力描写や反ユダヤ論争などをよそに、同作はアメリカのボックスオフィスで記録的な大ヒットを記録しているものの、3大ネットワークのABCは同作の放送を拒否し、他のネットワークも難色を示していという。その原因の1つは、メル・ギブソン側がノーカット放送を希望しているからだと言われている。過去に「シンドラーのリスト」がノーカットで一挙放送された例があるが、「パッション」はそれよりはるかに暴力的で、さまざまな論争を呼んでいることから、テレビ局側が及び腰になっているという。また、字幕映画である点もネックになっているようだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi