脳移植により生まれた異色のラブ・サスペンス「天使の牙」舞台挨拶 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年8月19日 > 脳移植により生まれた異色のラブ・サスペンス「天使の牙」舞台挨拶
メニュー

脳移植により生まれた異色のラブ・サスペンス「天使の牙」舞台挨拶

2003年8月19日 12:00

(左より)大沢在昌、西村、黒谷、萩原、佐田 大沢たかお、佐野、嶋田、小木「天使の牙 B.T.A.」

(左より)大沢在昌、西村、黒谷、萩原、佐田
大沢たかお、佐野、嶋田、小木
[拡大画像]

直木賞作家・大沢在昌のベストセラー小説を映画化し、いよいよ今週末より全国公開となる「天使の牙B.T.A.」のプレミア試写会が、8月18日、丸の内東映(東京・銀座)にて行われた。多くのファンや招待客が詰め掛ける中、主演の大沢たかお佐田真由美黒谷友香萩原健一に加え、佐野史郎嶋田久作小木茂光と原作者・大沢在昌、監督・西村了の総勢9名による舞台挨拶が行われた。

本作を皮切りに、以後半年で5本の出演作を抱える大沢たかおは「とにかく手に汗握る2時間。昨日から興奮して、今もドキドキしてます。是非楽しんで見てください」と挨拶。脳移植によって同じ外見で異なる人格になってしまう“1人2役”を演じた映画初出演の佐田真由美は「最後まで画面に釘付けになると思います」と続けて作品の魅力を語った。他の出演者では、佐野が「僕が出てくるとだいたい犯人だと思われるかもしれませんが(笑)。この映画では、僕が犯人かどうか自分でもわからないような役。犯人探しの謎を楽しみながら見てください」と、会場の笑いを誘いながら、作品の異なる側面をアピールした。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi