北朝鮮の抗議もどこ吹く風。「007」監督とボンド・ガール来日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年1月28日 > 北朝鮮の抗議もどこ吹く風。「007」監督とボンド・ガール来日
メニュー

北朝鮮の抗議もどこ吹く風。「007」監督とボンド・ガール来日

2003年1月28日 12:00

(左より)ロザムンド・パイク、リー・タマホリ監督、ハル・ベリー「007 ダイ・アナザー・デイ」

(左より)ロザムンド・パイク、リー・タマホリ監督、ハル・ベリー
[拡大画像]

誕生40周年、通算20作品目の記念作品となる007シリーズ最新作「007/ダイ・アナザー・デイ」。本作で“ボンド・ガール”を演じたハル・ベリーロザムンド・パイク、さらに監督のリー・タマホリが来日し、1月28日、パークタワーホール(東京・新宿)にて来日記者会見を行った。

アメリカをはじめ、世界各国でヒットしている本作だが、こと東アジアに関しては、北朝鮮の抗議声明や韓国での上映中止運動など、なにかとキナ臭い話題が多い。これについて監督は「どの国を舞台にするか、はじめから決まっていたわけではありません。ボンドを14カ月も監禁と拷問させる場合、皆さんがリアルだと感じられる国は限られてきます。現在だと北朝鮮やミャンマーぐらいでしょうか。今でも北朝鮮を舞台にしてよかったと思っています」とコメント。またもや物議を醸しそうな予感だ。続いてハル・ベリーは、“アカデミー賞受賞”と“ボンド・ガール”という女優にとって最高の名誉を手に入れたことについて尋ねられ、「ファンタスティック! の一言です。ボンド・ガールは美しいだけでなく“強い”。そこに魅力を感じます。オスカーに関しては、それを受賞するためにはどうしたらいいか、ということを考えなかったのが結果につながったと思います」と控えめにコメント。また、本作で映画デビューを飾ったロザムンド・パイクは「自分がボンド・ガールを演じるとは思ってもみませんでした。私の人生を全く変えてくれた出来事でした」と喜びを隠せない表情で語った。「007/ダイ・アナザー・デイ」は3月8日より公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi