アラゴルンも戦争反対!「二つの塔」来日会見 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年1月28日 > アラゴルンも戦争反対!「二つの塔」来日会見
メニュー

アラゴルンも戦争反対!「二つの塔」来日会見

2003年1月28日 12:00

(左より)ビゴ・モーテンセン、カール・アーバン「愛」

(左より)ビゴ・モーテンセン、カール・アーバン
[拡大画像]

全米で「ハリー・ポッターと秘密の部屋」を上回る記録的ヒットを続けている「ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔」。日本公開まであと1カ月と迫った1月23日、プロモーションのため来日した、アラゴルン役のビゴ・モーテンセンとエオメル役のカール・アーバンが、帝国ホテル(東京・日比谷)にて記者会見を行った。

ビゴは「和」の文字をあしらったバンダナを巻いた帽子と「石油の為に血はいらない」と日本語で書かれたTシャツで、カールはジャケットの背中に「平和」という文字をはりつけ、腕にはピースマークの腕章を巻いて登場。その理由を尋ねるとビゴは、「普段は政治的なことは口にしない主義だ」としながらも「現在、世界中のマスコミが映画と現実世界を比較している。かつて、原作が書かれた当時は第2次大戦と比較された。トールキンが『これはあくまでも小説にすぎない』と言ったにもかかわらず、だ。私個人としても、映画と現実を比較してほしくはない。だが、やむを得ずするというのであれば、的確に比較していただきたい」と語り、「(イラクとの)戦争突入に反対であるという意思表明をしたかった」と自身の考えを主張した。

撮影中、原作「指輪物語」を片時も手放さなかったというビゴは「ピーター・ジャクソンJ・R・R・トールキンという2人の監督がいるようだった」と語り、「『トールキンならどうしただろう?』と常に考え、原作を読み直していた」とコメント。「二つの塔」からの出演となるカール・アーバンは「スタッフ全員が原作のコピーを持っていたことに驚いたよ。みんなにとって『指輪物語』はバイブルのような存在なんだ」と、改めて原作の偉大さを強調した。

ビゴは、映画の見所について「この映画の核にある自己犠牲の精神や、ひとつのことのために皆が力を合わせるということ、その素晴らしさを観て欲しい」とコメントし、「人生で大事なことは『』と『希望』だと思っている。私にとってこの映画で経験したことは、これまでのあらゆる体験を超えた素晴らしいものだった。それが『』と『希望』だったんだ」。カールも「生死をかけた状況下で友だちを探しだそうとする勇気、その愛の強さがヒットした理由じゃないかな。世界中の誰もがそういうものを求めているから」と映画をPRした。2月22日からロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi