ショーン・コネリー主演のアメコミ映画が大トラブル : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2002年11月26日 > ショーン・コネリー主演のアメコミ映画が大トラブル
メニュー

ショーン・コネリー主演のアメコミ映画が大トラブル

2002年11月26日 12:00

2003年7月に全米公開予定のアメコミの映画化「The League of Extraordinary Gentlemen」の撮影現場が、大きなトラブルに見舞われているという。その原因は、主演のショーン・コネリーと、スティーブン・ノーリントン監督(「ブレイド」)との対立。ショーン・コネリーに言わせれば、「監督は無能でフィルムを無駄遣いするだけ」で、監督側から見れば「ショーン・コネリーは監督業に干渉しすぎ」だということである。あるとき2人は全スタッフの前で激しくののしりあったというほどで、とにかく険悪な雰囲気だという。現在もプラハで撮影中だが、アメリカ人スタッフはみんな家に帰りたがっているとか。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi