シリアス路線でオスカー候補。マリサ・トメイ初来日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2002年6月11日 > シリアス路線でオスカー候補。マリサ・トメイ初来日
メニュー

シリアス路線でオスカー候補。マリサ・トメイ初来日

2002年6月11日 12:00

ワールドカップには興味ないの「イン・ザ・ベッドルーム」

ワールドカップには興味ないの
[拡大画像]

最愛の息子を失ったことから、互いを傷つけあってしまう夫婦の激しくも繊細な心の葛藤を描き、本年度アカデミー賞の作品賞をはじめ、主要5部門にノミネートされた「イン・ザ・ベッドルーム」。本作で自身も助演女優賞にノミネートされたマリサ・トメイが来日し、6月6日、帝国ホテル(東京・日比谷)で記者会見をおこなった。

オスカーを獲得した「いとこのビニー」など、明るくコミカルな印象の強いマリサが本作で演じたのは、暴力的な夫と別居しながら、主人公夫婦の息子と恋に落ち、やがてそれが悲劇を招いてしまうシングル・マザーのナタリー。このことについて「確かに私はコメディの印象が強いかもしれませんが、シリアスな役もやってきました。中でもナタリーは珍しく悲劇的な役。このような役にめぐりあえたことはとても嬉しく思います」とコメント。家庭内暴力といった現代的な問題も描かれている本作については「観る人それぞれに受け止め方がある作品。だから私がどうこう言うのではなく、個人個人の感じ方で受け止めてほしいです」と真摯な姿勢をみせた。

ところで日本を訪れるのは今回が初めてというマリサは、会見より1週間ほど前に来日し、観光を楽しんでいたとか。「日本食で好きなものは?」という質問に「色々なものがでてくる居酒屋のスタイルがお気に入り。日本酒はロサンゼルスでも飲んでいます。ただ、お好み焼きはちょっとダメね」と会場を和ませていた。本作は7月下旬、日比谷シャンテ・シネほかにて公開される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi