炭疽菌がもたらした、ニコラス・ケイジ作品の延期 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2001年10月30日 > 炭疽菌がもたらした、ニコラス・ケイジ作品の延期
メニュー

炭疽菌がもたらした、ニコラス・ケイジ作品の延期

2001年10月30日 12:00

画像1

[拡大画像]

今年11月に全米公開予定だったニコラス・ケイジ主演、ジョン・ウー監督の第2次世界大戦ドラマ「ウインドトーカーズ」が、来年6月に公開延期となった。その理由は、「不適切だから」という倫理的なものではなく、マーケットが存在しないというビジネス的な判断だという。同作を全米配給するMGM は10月に自信作「バンディッツ」(ブルース・ウィリス主演、バリー・レビンソン監督)を公開したが、現在予想以上の苦戦を強いられている。ターゲットとなる大人たちが、炭疽菌騒動でテレビに釘付けになっているためだとMGMは判断。同様のターゲットを狙った「ウインドトーカーズ」も、現状のままでは期待通りのヒットを望めないと判断し、公開延期を決定したという。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi