バンディッツ
ホーム > 作品情報 > 映画「バンディッツ」
メニュー

バンディッツ

劇場公開日

解説

ウィリス、ソーントン、ブランシェットと、ノッてる俳優3人が競演。ウィリスの娘2人も出演。監督は「レインマン」でオスカー受賞のバリー・レビンソン。撮影は「L.A.コンフィデンシャル」のスピノッティ、脚本は「レス・ザン・ゼロ」のペイトンが務める。州立刑務所で出会ったジョーとテリーは、正反対の性格なのに意気投合、協力して脱獄に成功する。が、逃亡中に出会った平凡な人妻ケイトがふたりを好きになり、妙な展開に。

作品データ

原題 Bandits
製作年 2001年
製作国 アメリカ
配給 20世紀フォックス映画
上映時間 124分
オフィシャルサイト  

受賞歴

第59回 ゴールデングローブ賞(2002年)

ノミネート
最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル) ビリー・ボブ・ソーントン
最優秀主演女優賞(コメディ/ミュージカル) ケイト・ブランシェット

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

個性派競演、構成の妙、ラストはまさに映画の醍醐味
バンディッツの映画評論・批評

これほど意外性に満ちた映画とは……。まず、ブルース・ウィリスとビリー・ボブ・ソーントンが体現した“2人で1人”の迷コンビぶりがいい。ウィリスが行動派で直感に長けたジョーを、ビリー・ボブが頭脳派だが神経症のテリーを快演。ウィットに富んだ...バンディッツの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.1 3.1 (全6件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「バンディッツ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi