ピアース・ブロスナン、再婚は厳戒態勢で : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2001年8月7日 > ピアース・ブロスナン、再婚は厳戒態勢で
メニュー

ピアース・ブロスナン、再婚は厳戒態勢で

2001年8月7日 12:00

現ジェームス・ボンド役などでおなじみ、ピアース・ブロスナンが、4日、元モデルでTVリポーターのキーリー・シェイ・スミスさんと、アイルランドのメイヨー郡にある修道院で結婚式を挙げた。

当日、修道院の前には2人を一目見ようと300人近い地元の人々や観光客たちが押し掛けた。しかし事前にイギリスの「Hello!」誌が式の写真の掲載権をおよそ100万ドル(約1億2000万円)とも言われる高額で獲得しており、そのためだけに特別に雇われたセキュリティ・チームによって、民間人や他のマスコミの撮影は徹底的にシャットアウトされた。また修道院からおよそ20マイル離れたアッシュフォード城で行われた披露宴も、その詳細はすべて極秘とされ、城のスタッフはすべて誓約書に署名させられたという。しかし一部の報道は、(ブロスナンがアイルランド出身であることから)伝統的なアイリッシュ・バンド、ザ・チーフタンズとアイルランドのダンサーたちによる余興が行われたと伝えている。2人の間には、2人の息子ディラン君(4歳)と2月に生まれたばかりのパリス君がおり、パリス君は式の前夜に同修道院で洗礼の儀式を行ったばかり。

ブロスナンとスミスさんは今年の5月に式を予定していたが、ブロスナンと前妻との間の16歳の息子、ショーン君が自動車事故で重傷を負ったため、式を延期していた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi