マーク・ハミルが「スター・ウォーズ」のパロディ映画に出演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2001年7月10日 > マーク・ハミルが「スター・ウォーズ」のパロディ映画に出演
メニュー

マーク・ハミルが「スター・ウォーズ」のパロディ映画に出演

2001年7月10日 12:00

スター・ウォーズ」3部作でルーク・スカイウォーカーを演じたマーク・ハミルが、同作のパロディ映画に出演している。「スター・ウォーズ/帝国の逆襲」の原題「The Empire Strikes Back」をもじった「Jay and Silent Bob Strike Back」というタイトルの映画で、マーク・ハミルが演じるのはライトセーバーを振りかざす悪役。「スター・ウォーズ」の大ファンとして知られるケビン・スミス監督からこの役をオファーされたとき、ハミルは恩師ジョージ・ルーカスに意見を求めたのだという。断られると思っていたハミルだが、ルーカス監督の答えは意外にも「オーケー」だった。「スター・ウォーズ」と同色のライトセーバーさえ使わなければ、どんなパロディにしても良いというのだ。かくして、マーク・ハミルのパロディ映画出演が成立したというわけである。

ちなみにマーク・ハミルは「エピソード1」について、「ちょっとまじめになっちゃったよね」とコメントしている。「『スター・ウォーズ』3部作のころなんかは、『フォースなんて、あるわけないじゃん』って、みんなでバカにしながら楽しく映画を作ってたんだ。ジョージも含めてね。でも今じゃ、自ら作りあげた世界観にとらわれすぎちゃって、くそまじめに取り組んでしまってると思うんだ。この件については、ちゃんとジョージにも進言しておいたよ」

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi