さよなら、僕のマンハッタン 特集: 「(500)日のサマー」「gifted」マーク・ウェブ監督の“あの感覚”が再び 奇妙な隣人、父の愛人との出会いを通し見つけた《本当の自分》とは?子ども以上大人未満のあの頃の気持ちが人生の素晴らしさ……

ホーム > 作品情報 > 映画「さよなら、僕のマンハッタン」 > 特集 > 「(500)日のサマー」「gifted」マーク・ウェブ監督の“あの感覚”が再び 奇妙な隣人、父の愛人との出会いを通し見つけた《本当の自分》とは?子ども以上大人未満のあの頃の気持ちが人生の素晴らしさ……
メニュー

さよなら、僕のマンハッタン

劇場公開日 2018年4月14日
2018年4月9日更新

「(500)日のサマー」「gifted」マーク・ウェブ監督の“あの感覚”が再び
奇妙な隣人、父の愛人との出会いを通し見つけた《本当の自分》とは?
子ども以上大人未満のあの頃の気持ちが人生の素晴らしさを教えてくれる

現代のニューヨークを舞台に、ほろ苦くもみずみずしい珠玉の青春ドラマが幕を開ける 現代のニューヨークを舞台に、ほろ苦くもみずみずしい珠玉の青春ドラマが幕を開ける

映画ファンの“忘れられない”1作「(500)日のサマー」を手がけたマーク・ウェブ監督が、本当に撮りたかった作品があることをご存じだろうか。4月14日に封切られる「さよなら、僕のマンハッタン」は、彼がデビュー前から温めていた念願企画。人生に迷う青年が、奇妙な隣人や父の愛人との出会いを経て成長していく。洗練された色使いにウィットに富んだセリフ、卓越した選曲センス、画面を彩るニューヨークの穴場スポットの数々――。本作は、ウェブ監督の“原点”であり、すべてが詰まった“決定版”だ。

悩み多き青年が、出会いを経て成長していく――「(500)日のサマー」の感動が再び 悩み多き青年が、出会いを経て成長していく――「(500)日のサマー」の感動が再び

ウェブ監督が「(500)日のサマー」よりも撮りたかった、10年越しの念願作
よりせつなくほろ苦い──NYを舞台に描く“人生迷走中”青年の青春物語

アカデミー賞衣装デザイン賞に輝くデザイナー、アン・ロスらが手がけた衣装にも注目 アカデミー賞衣装デザイン賞に輝くデザイナー、アン・ロスらが手がけた衣装にも注目

2009年に「(500)日のサマー」で映画監督としてスタートを切ったウェブ監督には、ある悲願があった。それは、デビュー前に出合ったある脚本を、自らの手で映画化すること。彼のホームグラウンドでもあるニューヨークで巻き起こる、風変わりで哀愁漂う恋のから騒ぎと、不器用な青年の成長ドラマ。恋に悩み、愛に惑い、自分が何者かわからずもがく主人公は、あのころの私たち自身。青春映画の傑作「(500)日のサマー」に続くビタースイートな物語は、あなたの心に懐かしい痛みと青春のきらめきを呼び起こす。

脚本を読んだウェブ監督は、主人公と、彼を導く奇妙な隣人の関係にひきつけられたそう 脚本を読んだウェブ監督は、主人公と、彼を導く奇妙な隣人の関係にひきつけられたそう

「サマー」の製作以前に本作の脚本に出合い、心を奪われたウェブ監督は、プロデューサーに映画化を直談判。版権の問題でかなわなかったが諦めず、「(500)日のサマー」で非凡な才能を証明し、見事監督の座を勝ち取った。その後「アメイジング・スパイダーマン」「gifted ギフテッド」で力を蓄え、満を持して本作に舞い戻った。

父の愛人に接触し、関係を絶つように迫った主人公だが、次第にひかれてしまい――? 父の愛人に接触し、関係を絶つように迫った主人公だが、次第にひかれてしまい――?

主人公に“人生のヒント”を与えるお節介な隣人と、同世代の女子とは違う大人の知性をまとった父の愛人。魅力的なキャラクターたちの名言の数々や共に過ごした日々が、未来へと向かう青年の後押しとなっていく。「窓を見つけて飛び出せ」、まっすぐで温かなメッセージが、見る者に爽やかな感動を与える。

主人公が暮らすアパートは、若き芸術家たちが集まるダウンタウンの人気スポットに位置 主人公が暮らすアパートは、若き芸術家たちが集まるダウンタウンの人気スポットに位置

思い込み、後先考えない行動、その果ての後悔――。本作には、皆が経験してきた青春のすべてが収められている。主人公が抱く不安や焦燥、衝動は、どれもみずみずしく、苦く、それでいて甘ずっぱい。青春映画の名手、ウェブ監督のヒューマニティと手腕がさえわたる、特別な1本に仕上がっている。


ウェブ監督は、あの“青春の切なくてほろ苦い気持ち”を代弁してくれる──
“「サマー」にハートをかきむしられた”「モテキ」大根仁監督が魅力を熱弁

女友達とステディな関係になりたいが、彼女には恋人が――。監督得意の恋愛劇が展開 女友達とステディな関係になりたいが、彼女には恋人が――。監督得意の恋愛劇が展開

モテキ」や「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」など、東京を舞台にアーバンかつポップな作品を作り続ける人気フィルムメーカー・大根仁。かねてよりマーク・ウェブ監督のファンを公言し、本作に寄せたコメントで“「(500)日のサマー」にハートをかきむしられた”と明かしている大根監督が、ニューヨークを舞台にした“同志”ウェブ監督の最新作の魅力を存分に語った。

まるで「(500)日のサマー」の続編を思わせると話題の「さよなら、僕のマンハッタン」に、「マーク・ウェブが大人になって帰ってきたよう」といち早くツイートした大根仁監督。マーク・ウェブを「勝手に同志みたいに思ってる」と語るのには、彼ならではの理由がある。

大ヒットを記録した人気作「モテキ」は、ウェブ監督の存在なくしては生まれなかった? 大ヒットを記録した人気作「モテキ」は、ウェブ監督の存在なくしては生まれなかった?

「ドラマの『モテキ』を始める時に、全編音楽を流しながらミュージカルも入れてと考えていたら、もうやってるヤツがいた(笑)」。それが「(500)日のサマー」だった。以来、マーク・ウェブの動向は気にかけていたというが、「アメイジング・スパイダーマン」シリーズを経て、10年越しに実現させた「さよなら、僕のマンハッタン」には「こっち側に戻ってきてくれたという感じ」と語る。「しかも、大人になって。『サマー』のジョセフ・ゴードン=レビットの2代目襲名って感じのカラム・ターナーが良いしね。マーク・ウェブはボンクラ小僧というかモラトリアム青年を描くのが本当に上手い」。

レコードショップに古書店――主人公が訪れるのは、私たちの心をくすぐる名店ばかり レコードショップに古書店――主人公が訪れるのは、私たちの心をくすぐる名店ばかり

本作のもうひとつの主役とも言えるのが、ニューヨークの街並み。東京にこだわって映画を撮り続けてきた大根監督も「ロケーションがとにかく良い。レコード屋ひとつとってもそうだし、それぞれの店や場所のチョイスが上手い」と、街を見つめるセンスの良さを絶賛する。

主演のカラム・ターナー、共演のカーシー・クレモンズに演出を行うウェブ監督(写真右) 主演のカラム・ターナー、共演のカーシー・クレモンズに演出を行うウェブ監督(写真右)

どうやら「(500)日のサマー」に夢中になった人なら、確実に楽しめる作品になりそうだが? 「『サマー』から10年経っているわけですよね。ということは監督も、観客もあれから10年経ってるわけですから、その月日をかみ締めながらこの映画を見てほしいですね」。



どうして僕たち・私たちは、この映画が“気になって”しまうんだろう──
NEXTブレイク英国俳優、大好きな曲、憧れの街──ツボなエッセンス満載!

主人公の父をエレガントに演じるのは、「007」シリーズでおなじみピアース・ブロスナン 主人公の父をエレガントに演じるのは、「007」シリーズでおなじみピアース・ブロスナン

(500)日のサマー」や「gifted ギフテッド」――。なぜ私たちは、マーク・ウェブ監督の作品を放っておけないのだろう? その最大の理由はやはり、「ハリウッドきってのコンシェルジュ」ともいえる、彼の類まれなる“鑑識眼”だろう。俳優、音楽、ロケ地、衣装や小道具、どれをとってもウェブ監督のオンリーワンなセンスが感じられ、一流セレクトショップのように、画面を彩るアイテムが感性を刺激する。最新作においては、ウェブ監督のより一層進化した美意識を感じられる。

数多くの若手実力派が、ウェブ監督のもとでブレイク。本作でも、“神話”は継続中だ 数多くの若手実力派が、ウェブ監督のもとでブレイク。本作でも、“神話”は継続中だ

ジョセフ・ゴードン=レビットアンドリュー・ガーフィールドクロエ・グレース・モレッツエマ・ストーンら、ウェブ監督によって花開いた俳優は数多い。本作の主演カラム・ターナーは、「アサシン クリード」や「グリーンルーム」に出演し、ファンタジー大作の続編「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」にも抜てきされた英国出身の逸材。また、古書店員を演じた「DOPE ドープ!!」「フラットライナーズ」のカーシー・クレモンズも、DCコミックヒーロー映画の新作「フラッシュポイント(原題)」のメインキャラクターに抜てきされている。あなたの目で、そのみずみずしい才能を確かめてほしい。

隣人役のジェフ・ブリッジス(写真1番左)は製作総指揮も務め、作品を内外から支えた 隣人役のジェフ・ブリッジス(写真1番左)は製作総指揮も務め、作品を内外から支えた

隣人役にはオスカー俳優ジェフ・ブリッジス、主人公の父親役には「007」のピアース・ブロスナン、その愛人役には「アンダーワールド」でアクションもこなすケイト・ベッキンセール、母親役には「セックス・アンド・ザ・シティ」シリーズのシンシア・ニクソンと、実力派が豊かな妙演を披露。若手を支えるベテラン俳優たちの個性と新境地の演技が溶け合った絶妙なアンサンブルが、作品に深みとコクをもたらしている。

もつれにもつれた人間関係は終盤、見る者の予想も付かない方向へと走り出していく―― もつれにもつれた人間関係は終盤、見る者の予想も付かない方向へと走り出していく――
ニューヨークの“生きた”風景に完璧にハマッた音楽――ウェブ監督のセンスを堪能できる ニューヨークの“生きた”風景に完璧にハマッた音楽――ウェブ監督のセンスを堪能できる

監督デビュー以前はミュージック・ビデオの監督としてグリーン・デイやウィーザーを手がけた音楽通のウェブ監督らしい、耳と心をくすぐるハイセンスな選曲も健在。原題と同タイトルのサイモン&ガーファンクルの名曲「ニューヨークの少年(原題:The Only Living Boy in New York)」をリードナンバーに、ボブ・ディランルー・リード、ビル・エバンス、ハービー・ハンコックらの新旧織りなすフォーク、ロック、ジャズの名曲が主人公の成長に寄り添い、観客の心を満たしていく。劇場で、ウェブ監督の“プレイリスト”に浸っていただきたい。

ほぼ毎シーン、新たなニューヨークのアートスポットが登場し、見る者を飽きさせない ほぼ毎シーン、新たなニューヨークのアートスポットが登場し、見る者を飽きさせない

本作のもう1人の主人公、それはニューヨークそのもの。数々の巨匠たちを魅了してきた街を、ウェブ監督は独自の目線で切り取った。パティ・スミスが働き、マイケル・ジャクソンが通った古書店や「ダージリン急行」をイメージしたホテル、ハリウッドスターも通う隠れ家的ナイトクラブ。主人公と共に名所をめぐれば、他の映画では味わえない通好みのニューヨークを存分に味わえる。

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

久々に踏みしめた大都会の片隅で、名匠ウェブが吐露する純粋な想い
映画評論

この映画はシンプルではあるものの、クライマックスのある一点において、ああそういうことだったのか、と唸らせられる何かがある。そこを抜けると冒頭のシーン、それこそジェフ・ブリッジスがいぶし銀の声で語りかけるナレーションさえもが、全く違うト...映画評論

フォトギャラリー

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す