「天才ギタリストと第二次世界大戦」永遠のジャンゴ バッハ。さんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「永遠のジャンゴ」 > レビュー > バッハ。さんのレビュー
メニュー

永遠のジャンゴ

劇場公開日 2017年11月25日
全13件中、6件目を表示
  •  
映画レビューを書く

天才ギタリストと第二次世界大戦

ジャズのみならず、ギタリストだったりギターに興味がある人には伝説の存在であるジャンゴ・ラインハルト。ジプシージャズの第一人者として知られているのだから、よく考えたらわかるはずだった。ナチスドイツがユダヤ人だけでなく、ロマの人々や同性愛者も迫害の対象にしており、同時代を生きていたジャンゴにとってもホロコーストは他人ごとではなかったのだと。

ジャンゴ・ラインハルトの伝記映画、ではあるのだが、この映画はジャンゴが様々な形でナチスと関わった二年間にのみ焦点を絞っていて、銃後の戦争映画のバリエーションでもある。定住しないロマの出身であるジャンゴは政治や戦争に興味を持たず、ただプロの音楽家として生きているつもりだったのに、否応なしに民族の一員であるアイデンティティに気づかされる。

ジャンゴがナチスに演奏を強要されるというドラマチックな挿話をメインにしつつ、静かな葛藤と成長のドラマに仕上がっていた。

バッハ。
さん / 2017年11月30日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:-
PROレビュアーとは?
PROレビュアーとは
映画の専門家として、映画.comの記事を多く執筆している方です。
PROレビュアーの星評価は、総合点への影響力がより大きくなります。
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi