狂覗
ホーム > 作品情報 > 映画「狂覗」
メニュー

狂覗

劇場公開日

解説

劇作家、演出家の宮沢章夫が1998年に発表した「14歳の国」をベースに、中学生たちにまつわる実際の事件などを盛り込み、教育現場で起こる事件に問題提起するミステリースリラー。中学校教師が瀕死の状態で発見され、その犯人が同校の学生である可能性が強まっていた。責任を押し付けられた科学教師の森は教師を招集し、体育の授業で生徒たちが教室に不在の中、秘密裏に抜き打ちの荷物検査を開始する。検査のため招集された4人の教師のひとり、国語教諭の谷野は森の教え子で、教師になってから事故をおこし、教職から遠ざかり、森の手によって職場復帰を果たしていた。5人の教師による荷物検査によって、教師の知らない中学生たちの現実、さらに教師たちの実態も明らかとなっていく中、容姿端麗で成績優秀な万田という女子生徒の知られざる顔が浮かび上がっていく。監督は「生き地獄」の藤井秀剛。

スタッフ

監督
原案
宮沢章夫
脚本
藤井秀剛
製作総指揮
山口剛
プロデューサー
藤井秀剛
梅澤由香里
アソシエイトプロデューサー
坂井貴子
撮影
藤井秀剛
編集
藤井秀剛
音楽監督
スビアトスラブ・ペトロフ
特殊効果
ミヤ・サビーニ

キャスト

作品データ

製作年 2017年
製作国 日本
配給 POP
上映時間 81分
オフィシャルサイト  

映画レビュー

平均評価
3.1 3.1 (全4件)
  • 下手くそ テーマやドラマの着眼点はいいのに、監督が下手すぎ。俳優も下手に見える。事件の表層ばかり描く。深層に迫らないから、監督としては下手くそ。 久々に金を返せと思った。 しかし、何を映画化するのか?、と... ...続きを読む

    shigeshigeshigeo shigeshigeshigeoさん  2017年9月9日  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • 作りが負けていた トラウマ抱えた若い男、リーダー気質の男、調子者で迂闊な男、理想に縋り続ける女、暗い変わり者の女、 ワンシチュエーションスリラーにありがちなキャラ設定も、全員教師ってだけでなんか少し変わって観える... ...続きを読む

    KinA KinAさん  2017年8月1日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • 『リアリティ』と『リアル』 似ていて異なる矛盾を突きつけられた作品。ここまでの悪行の数々のイジメや、教師の自己保身やプライドの体裁は、より『リアル』を突き詰めているのだろうが、台詞の聞き取れ無さまで、リアルを追求しなくても... ...続きを読む

    いぱねま いぱねまさん  2017年7月27日  評価:3.0
    このレビューに共感した/1
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「狂覗」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi