ローサは密告された
ホーム > 作品情報 > 映画「ローサは密告された」
メニュー

ローサは密告された

劇場公開日

解説

フィリピンのインディペンデント映画界を代表する俊英ブリランテ・メンドーサ監督が、東南アジア最大といわれるマニラのスラム街で懸命に生きる女性とその家族を描いたドラマ。4人の子どもを持つローサは、マニラのスラム街で小さなコンビニエンスストアを経営し、地元の人々からも好かれている。彼女と夫のネストールは家計の足しにするため少量の麻薬を扱っていたが、そのことが警察に見つかり逮捕されてしまう。ローサの子どもたちは腐敗した警察から両親を取り戻すべく奔走するが……。メンドーサ監督作「サービス」にも出演したベテラン女優ジャクリン・ホセがローサ役を演じ、2016年・第69回カンヌ国際映画祭で女優賞を獲得した。

スタッフ

監督
製作
ロレート・ラリー・カスティーリョ
製作総指揮
ブリランテ・メンドーサ
脚本
トロイ・エスピリトゥ
撮影
オディッシー・フローレス
美術
ダンテ・メンドーサ
編集
ディエゴ・マルクス・ドブレス
音楽
テリーサ・バローゾ

キャスト

作品データ

原題 Ma' Rosa
製作年 2016年
製作国 フィリピン
配給 ビターズ・エンド
上映時間 110分
オフィシャルサイト  

受賞歴

第69回 カンヌ国際映画祭(2016年)

受賞
コンペティション部門
女優賞 ジャクリン・ホセ
出品
コンペティション部門
出品作品 ブリランテ・メンドーサ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

怖くてタフなフィリピンの素顔。警察の腐敗と家族の絆をドキュメンタリータッチで活写
ローサは密告されたの映画評論・批評

マニラ・スラム街の肝っ玉母さん。そんな風体のローサがスーパーで買い出しをしているシーンから映画は始まる。帰りに拾ったタクシーが入るのを拒むほどの狭く薄暗い路地の奥に、家族の自宅兼雑貨屋はある。店番のはずが2階でクスリをやっているダメ亭...ローサは密告されたの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
4.0 4.0 (全1件)
  • 抜け出せない貧困の闇 フィリピンのマニラにあるスラム街でスーパーのような雑貨屋を営むローサ一家は、ある時麻薬を販売したとして摘発されてしまう 実際、彼女は生活のために麻薬を売って暮らしていた まるでドキュメンタリー映... ...続きを読む

    とえ とえさん  2017年7月4日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ローサは密告された」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi