ビジランテのレビュー・感想・評価

メニュー

ビジランテ

劇場公開日 2017年12月9日
13件を表示 映画レビューを書く

正直ひどい

・一郎の行動が全く意味不明で感情移入できない(せっかくの役者が活かされてない)
・オチがないので、投げっぱなしにされた感じで終わる
・間延びしたシーンが多く、いちいちムカつく

…などなど不満しか残らない作品で、わざわざ映画にする必要があったのだろうか?と疑問に思わざるを得ない。

作り手の自己満足なのだろうが、つき合わされるのもたまったものではない。

桜花
桜花さん / 2017年12月14日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

田舎

これから何が起きるんだろう、とずっとわくわくしながら観てました。
そんな魅力的な映画だと思うけど
もうちょっと三兄弟の幼き日の家族関係などが
知りたかった。
興味津々なんですけど。
第二部として、これ以前のお話作ってくれたら
また観に行きますよ。
ほんと。

ダラ
ダラさん / 2017年12月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

よくわからない

120分、地方都市の閉鎖性をテーマにただただ陰鬱でおどろおどろしい映像が流れ、視聴後の気分はとにかく悪い。

三兄弟の物語もイマイチメリハリが足りず、監督の「ぼくがかんがえたあくとう」みたいな奴らが跋扈し、それには現実味が少し欠けていて、ちょいファンタジーに近い。

ある意味、起承転結が薄く、最後まで暗い内容が平行線のままエンドロールなので、視聴者としてはなんともいえない、よくわからない気持ちになる。

色々な場面で、ぶっちゃけ警察呼べば済む話じゃんと思ってしまい、そこからは物語にものめり込めず。

前作は本当に傑作でしたし、力のある監督だと思うのですが、監督は本当にこんな映画が作りたかったのかな?妥協してないかな?もっといい映画作れたんじゃないかな?とその辺がもやもやしますね。

ヒロシ
ヒロシさん / 2017年12月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

こういう邦画が評価されてほしい

少しフワフワしているところが気になった。細部まで作り込みをして、あえて語らないというよりはメインストーリー以外は設定が固まっていない印象をうけた。主人公らの過去を含んだバックグラウンドをもっと描いたら物語全体のリアリティがもっと上がったと思う。
あとは警察何してんの?感は否めなかった。一郎にレイプされたとき(薬やってるのだから警察に任せれば土地の件だって解決できたのでは?)
そう思わせない工夫(裏社会ならでは?)があるとよりよかった。
家族間の問題だからあえて警察を介入させなかったのかが納得できなかった。

役者は最高によかった。入江監督は役者を描くのが本当にうまいと思う。主役は置いておいても篠田麻里子でさえよく思えた。すごい。
桐谷健太を見る目が変わりました。

様々な問題を横に繋げて描くのはよく見る手法だがテーマとストーリーが見事にハマっていたと思う。
中国人のところは蛇足に思えなくもないが(あそこを削って主人公たちの過去を掘り下げてもよさそう)映画のテーマに間違いなく深みは与えている。
肩を小突くという行為は戦争なのだと思った。人が人を憎むという悲しい業、どちらがいい悪いではなく等身大で現代が抱えている問題を表現している。

み終わったあといい映画をみた、、という感覚があった。こういう映画をもっとみたい。

minto
mintoさん / 2017年12月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

入江監督オリジナル作品は和製アシュラ

3兄弟横並びのクレジットではあるが、桐谷健太が主演といっていい。
彼が好きな人はたまらないはず。
冬に観られたのも良かった。
R15+なのはデリヘルのシーンなどでおっぱいが出ることと、
焼肉屋のテーブルに手が串刺しになるのと、首にナイフを突き立てて大量出血するため。
サイタマノラッパーとまた違う顔を見せる深谷市。劇中では埼玉県の架空の市(渡市)になっている。
韓流映画のアシュラからアクションを取り除きもっと血が濃い感じになっている。
横浜のヤクザはアウトレイジに出てた優しそうな人だろうか。
吉村界人も爪痕残した。
嶋田久作さんは絶妙。
般若のアクションシーンが秀逸、死に様も。
逆に一郎と三郎の殴り合いが微妙。
音楽が微妙。
ラストシーンも微妙。
篠田麻里子は惜しい感じ。
あらすじを知らなくても問題ないので、ちゃらけたチラシは見ずに鑑賞してほしい。
三郎が女性に優しい感じがいい。
一郎が父親と同じように女性に接しているのも分かる。
二郎が微妙によくわからない。

eli
eliさん / 2017年12月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 2 件)

重なりあう愛

血は争えない。
久し振りに帰宅した長男は亡父の影を残し、月日の隔たりさえももろともせずすぐに一郎とわかる。

幼少期に封じ込めた三人の葛藤が今、パンドラの匣を開けてしまったように、渦巻いていく。

確かに説明不足な感じは否めないが時間枠の中で何を描きたいかだ。

細かい説明に追われたドキュメンタリーはいらない。

これは究極の兄弟愛だ。

愛の上に犠牲になっているもの。その愛を受け止めるもの。

何としても助けたい。終盤桐谷健太さんと篠田麻里子さんが重なって見えた。

二郎はこのまま進めばいいのです。

また、見ます。

リピーターになりました。

Kinuyo
Kinuyoさん / 2017年12月11日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

脚本も監督オリジナルの渾身の作品 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

公開初日の初回を鑑賞。説明も少ないし、ストーリーもわかりにくいから、泣ける笑える感動させてくれる作品しか観たくない人には向かないかもしれない。表現もオーバーに感じたりするところもあったりした、けど作品が語りかけてくることを全身で能動的に受け止める映画体験は得難いもので、こんな作品こそ市民が護っていくべきと思った。地方のデリヘルでは女の子が客にレイプされても店は守ってくれないのか?客は逮捕されないのか?それとも、犯人が一郎だったから泣き寝入りしたのか?わからなかったけど、それが一番こわいとおもった。あのあとクルマの中に残された女の子たちはどうするのかな。彼女らは自分たちを自警していけるのか。長男の恋人がいつのまにか戻ってきてるのも説明省略してるんだろけどあれを母性とかいう評をみると都合いーなと思ってしまう。あれは母性じゃなくて中毒であり共依存。女も病んでるのだ。そこを描くのは男性の監督には難しいかな。まああえてはしょってるのかもしれないけど。

Rubysparks
Rubysparksさん / 2017年12月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

埼玉の片田舎でアウトレットショッピングモール誘致の利権に絡み巻き込まれる建設予定地の土地相続者3兄弟の話。

三兄弟の性格と現在の立場や状況から来る行動は中々良いけど、中国人の件はいらないし、三男の上がチンピラ感強過ぎてムリがあるしいなくても結末には関係なかったり、子供の頃のことや死んだ親父とのこともそれ程効いてなくてひっかき回すだけになっているのが残念。

面白かったけど、余計なものを削いで、もうちょい絶望感だったり悲壮感だったり喪失感だったりを強くしてくれたらというところ。

Bacchus
Bacchusさん / 2017年12月10日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  興奮 悲しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

語る余地を残した映画で桐谷健太がすごい

コミュニティとか、しがらみとか、相続とか、チンピラとか、暴力とか、エロとかなんとかが、すべて地方っぽく描かれてる。けど、どこか映画っぽくフィクションも描かれてて、面白く観ることができた。
この映画における川ってなんやとか、あいつはなんでああしたのか?とか、色々語る余地を残してる。観た後、歩いて帰りながら咀嚼したくなる。いろんな人の考察が観たいから、もうちょい公開規模広めてもいいんちゃうかなぁ。
しかし、桐谷健太が凄かった。それ観るだけでも価値ある。それくらい桐谷健太がいい。

鯖太郎
鯖太郎さん / 2017年12月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

一郎は? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

一郎が謎過ぎる。
なぜ帰ってきたか、なぜ公正証書持ってるか、なぜあの土地だけは譲れないのか。
そして三郎が逃がしてあげた、一郎の彼女はまた舞い戻ってきてるし...
そのあたり、一郎にまつわる説明が全くないままかき乱されて、話が成り立っていない。
一郎さえいなければ、厳しい親父と三兄弟の田舎のお話で済んでるのに、要の部分の説明がないのはズルく感じる。
二郎の板挟みになって悩む姿や、三郎の正義感、家族を思う気持ちは伝わってきましたけど、やはり納得いかない。

オマケでちょっと気になったのは、三郎の手のひらと机を、金属の箸が貫通するところ。オーバーすぎない?

Shiro
Shiroさん / 2017年12月10日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

わからん、、、 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

やばい。
なんか色々わからなくて、あまりにも暴力描写ばかりで、結局最後まで、わからなかった。
分からなくても、面白かったと思う映画はたくさんあるけど、これはそう思えなかった。
一朗が相続しにきたのはなんで?遺言状は本物?どうやって?なんで、一朗はあの土地だけ売らないの?
そんななことすら理解できなかった、自分がヤバい。

ぽこぺん
ぽこぺんさん / 2017年12月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

素晴らしかった。 この映画を見れる人間で良かった。 日本に生まれて... ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

素晴らしかった。
この映画を見れる人間で良かった。
日本に生まれてよかった。
日本映画が好きでよかった。

3人が川に入ったシーンは震えたし、この映画の暴力を、美しいとまで思った。すべての行動に意味があって、そのすべての行動が一つ欠けてもいけない。そんな映画だった。

ツイッターにも書いたことを言ってしまうと、狭い世界で、いい年した大人たちがもがいて葛藤してる姿は気持ち悪くてカッコよかった。
爽快だった。
同時に、この葛藤は身近にあるのか?と感じてしまう所があった。謎の親近感であった。
桐谷健太の演技はよかった。顔から手先まで。素晴らしかった。

濱山
濱山さん / 2017年12月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

すごい!

試写会で観た。
まずは。すごい。
これは、衝撃作といって、過言じゃない。

映画を見終わったあと、しばらく立てない自分がいた。
次に、すごい。と思った。
各人の見方は様々だろう。
評価も別れるかもしれない。
それでも、観て欲しい。

俳優陣は、みな、体当たり演技をしている。これもすごい。
公開されたら、もう一度観ると思う。

もえ
もえさん / 2017年10月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 2 件)

13件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi