ありがとう、トニ・エルドマン : 映画評論・批評

ありがとう、トニ・エルドマン

劇場公開日 2017年6月24日
2017年6月13日更新 2017年6月24日よりシネスイッチ銀座、新宿武蔵野館ほかにてロードショー

破天荒なパパと、がんじがらめの娘。奇想天外に見せかけてリアルに人間を描く

世界各地で絶賛を浴びたドイツ生まれのヒューマンコメディだ。主人公は、ルーマニアでバリバリのキャリアウーマンとして働く娘と、そんな娘を案じる父親。サプライズで突然娘を訪問した父親は、娘がちっとも幸せそうじゃないことに気づき、人生の喜びを思い出してもらおうと一計を案じるのだ。

ところが困ったことに、この父親は子供じみたイタズラが大好き。宅配便が届けば、いそいそと出っ歯の付け歯をして別人のフリをしたりする。当人は楽しくてしょうがないが、周りの人にとっては迷惑千万。娘にしても、仕事で忙しいのに、構ってくれと言わんばかりに寒いギャグやイタズラを仕掛けてくる父親が面倒でしょうがない。

そんなパパだから、良かれと思ってしでかすこともピントがズレている。一度はドイツに帰ると見せかけて、“トニ・エルドマン”なる別人に化けて娘の行く先々に出没するのである。もちろん正体はバレバレ。考えてみて欲しい。仕事先にもプライベートの外出先にも、変装した父親がストーカーのように付いてくるのだ。娘がもはや中年と呼べる年齢だけに、一種の地獄だと言っていい。

画像1

よくあるヒューマンコメディなら、破天荒でお茶目なお父さんが、娘に笑顔と幸せを取り戻す感動ストーリーとしてまとめるだろう。しかし“トニ・エルドマン”の試みは片っ端からスベリまくっている。「たいして面白くない人が悪ふざけをしている姿」を延々と見せ続けるだなんて、なんと恐ろしい映画であることか。

ところが、だ。無謀な悪ふざけが積み重なることで、娘はペースを乱され、自分がコントロールしていると思っていた日常から切り離される。そこで初めて、長らく押し殺してきた感情や想いが蠢き始める。大人という存在は“生活”や“仕事”に縛られているものだが、その鎖は本人が思っている以上に重くて硬いのだ。

娘が自分自身をがんじがらめに縛り付けていたことに気づくために必要だったのが、トニ・エルドマン級の荒療治と、本作の2時間42分という上映時間だ。ヒューマンコメディで2時間越え、というだけで相当な異常事態だが、この物語にはどうしても必要な尺であり、決して長さも感じない。奇想天外に見せかけてとことんリアルに人間を描いた良作。ジャック・ニコルソン主演でハリウッドリメイクされるそうだが、どうかハリウッド版でも、この親子の不器用な時間の流れが失われないでいて欲しい。

村山章

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全34件)
  • 長い。 飽きずに観れた。 けど、長過ぎる。 こういうの褒めた方がいいんでしょ? ってかんじ。 この映画を褒められるほど、 センス良くないです。自分。 恥ずかしながら。 でも、ちゃんと楽しめた... ...続きを読む

    ふるやるふ ふるやるふさん  2017年8月15日 00:18  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • ハートフルではないような ネタバレ! ...続きを読む

    yukikotto yukikottoさん  2017年8月10日 01:19  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 上手い キャリアウーマンとなって自立している娘を思う父親の愛情に感動するって世評なんだけど、基本は淡々としたドイツ風(?)コメディ。そして最も心揺さぶられるのは、ドイツ大使館員だと嘘ついてパーティに紛れ... ...続きを読む

    ミーノ ミーノさん  2017年8月9日 22:52  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレス 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLE エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォール ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi