ありがとう、トニ・エルドマン
ホーム > 作品情報 > 映画「ありがとう、トニ・エルドマン」
メニュー

ありがとう、トニ・エルドマン

劇場公開日

解説

正反対の性格の父娘が織り成す交流をユーモラスに描き、ドイツで大ヒットを記録したヒューマンドラマ。陽気で悪ふざけが大好きなドイツ人男性ヴィンフリートは、ルーマニアで暮らす娘イネスとの関係に悩んでいた。コンサルタント会社で働くイネスは、たまに会っても仕事の電話ばかりしていて、ろくに会話もできないのだ。そこでヴィンフリートは、ブカレストまでイネスに会いに行くことに。イネスはヴィンフリートの突然の訪問に戸惑いながらも何とか数日間一緒に過ごし、ヴィンフリートはドイツへ帰っていく。ところが、今度は「トニ・エルドマン」という別人のふりをしたヴィンフリートがイネスの前に現われて……。監督・脚本は「恋愛社会学のススメ」のマーレン・アーデ。第69回カンヌ国際映画祭で国際批評家連盟賞を受賞するなど、世界各地の映画祭で高く評価された。

作品データ

原題 Toni Erdmann
製作年 2016年
製作国 ドイツ・オーストリア合作
配給 ビターズ・エンド
上映時間 162分
映倫区分 PG12
オフィシャルサイト  

受賞歴

第89回 アカデミー賞(2017年)

ノミネート
外国語映画賞  

第74回 ゴールデングローブ賞(2017年)

ノミネート
最優秀外国語映画賞  

第69回 カンヌ国際映画祭(2016年)

出品
コンペティション部門
出品作品 マーレン・アーデ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

破天荒なパパと、がんじがらめの娘。奇想天外に見せかけてリアルに人間を描く
ありがとう、トニ・エルドマンの映画評論・批評

世界各地で絶賛を浴びたドイツ生まれのヒューマンコメディだ。主人公は、ルーマニアでバリバリのキャリアウーマンとして働く娘と、そんな娘を案じる父親。サプライズで突然娘を訪問した父親は、娘がちっとも幸せそうじゃないことに気づき、人生の喜びを...ありがとう、トニ・エルドマンの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.8 3.8 (全8件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ありがとう、トニ・エルドマン」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi