「シンプルでオーソドックスなジョーズもの」海底47m Naguyさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「海底47m」 > レビュー > Naguyさんのレビュー
メニュー

海底47m

劇場公開日 2017年8月12日
全11件中、6件目を表示
  •  
映画レビューを書く

シンプルでオーソドックスなジョーズもの

昨夏の「ロスト・バケーション」(2016)の大ヒットを受けて、本来は劇場スルーのDVD予定作品を劇場公開に切り替えた低予算映画である。それなりにスリリングではあるが、"B級ジョーズもの"といって差し支えない。しかし、そのもくろみは、見事に成功している(全米初週5位)。

海中に下ろした檻(ケージ)の中からサメに近づいて観る"シャークケージダイビング"に挑戦したリサとケイトの姉妹2人。水深5メートルで鑑賞するはずだったケージのワイヤーが切れて、水深47メートルまで沈んでしまうというパニックスリラーである。

快作「ロスト・バケーション」が設定も斬新で、主演女優(ブレイク・ライブリー)も美しかったのに対して、本作はオーソドックスなジョーズもの。怖さも初心者向けで、人が死んでもグロテスクなシーンはまったくない。ダイビングの基礎知識が散りばめられており、それらが緩急のある展開の伏線になっている。

予算が少ないのでロケーション映像が良くない。曇り空でも平気で収録しているし、美しい海の映像もほぼない。海底シチュエーションをいいことに、"真っ暗"ないしは"視界不良"で、専用プールでの撮影で済ませていることは想像に難くない。

奥手で怖がり屋のリサが急に積極的になったり、水中銃や水中発煙筒やライトがタイミングよく入手できたり、ダイビングのシロウトのはずなのに、ひとりで簡単に酸素ボンベのバルブ交換ができるなど、実に都合がいい。

ネガティブな点を並べてしまったが、オーソドックスなスリラーを、難しく考えずに楽しむという意味では、尺も短く(90分)、シンプルでいいかもしれない。

(2017/8/13/丸の内ピカデリー/シネスコ/字幕:石田泰子)

Naguy
さん / 2017年8月14日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi