雪女のレビュー・感想・評価

メニュー

雪女

劇場公開日 2017年3月4日
16件を表示 映画レビューを書く

うーん 微妙〜 イマイチだったなぁ 猿岩石の森脇出てた(笑)

うーん
微妙〜

イマイチだったなぁ

猿岩石の森脇出てた(笑)

snowball
snowballさん / 2017年5月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

もう少し違うものを期待していたが

それなりに面白かった
盛り上がりに欠ける点があるが、女優さんに救われる。
海外にも!と言う感じで英語字幕だったが、日本の時代背景が今ひとつで誤解を招くのでは・・・・と。

シネパラ
シネパラさん / 2017年4月14日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

美しく妖艶な雪女

 ラフカディオ・ハーンの「怪談」は、柳田国男の「遠野物語」にも通じるような、静かな語り口の物語集である。ストーリーと若干の説明以外に余計な情報はまったくない。教訓めいた言葉も、縁起や因縁に関する言及もない。物語の底流にあるのは、未知の、理解不能な存在に対する恐怖だけだ。
 キリスト教やイスラム教のようにすべてを司る唯一の神の存在を崇める一神教の精神性と異なり、八百万(やおよろず)の神という概念が古来からある日本では、万物に神が宿っている。神は崇高な存在ではなく、人間と同じように欲望があり、怨みもすれば嫉妬もする。
 雪女もその神のひとつだと思われる。人間と同じように我儘勝手だが、人知を超えた能力をもつ怖ろしい存在である。しかし神なので怖ろしいだけではなく人知を超えた美しさを持つ。一般に雪男がどこまでもモンスターの範疇を出ないのに対して、雪女は自然に対する畏怖と憧れの混じった複雑な思いが生み出したユニークなキャラクターなのである。
 雪女を演じた杉野希妃は顏も身体も美しく、妖艶である。それを強調するためにも、巳之吉役は偉丈夫であることが望ましく、青木崇高はまさに適役であった。
 惜しかったのは登場人物に経年変化があまり感じられなかったことだ。娘のウメが大きくなった頃には、巳之吉がユキと出遭ってから15年も経っているのだから、巳之吉もハルもばあばも相当に老けていなければならない。そうすれば、ユキだけが歳をとらないのが際立ち、物語の異様さも増すはずだ。
 しかし巳之吉もハルもばあばもユキが家に来た頃とあまり変わらない。ばあばの歳を考えると、15年経ってもまだ生きていさせるために、周りも含めてあまり歳を取らない設定にしたのかもしれないが、ユキも見慣れてくると凡俗の女に見えてきてしまうから、やはりまったく歳を取らない、人知を超えた美しさを表現すべきだったと思う。
 その点をのぞけば、娘役の山口まゆもとても可愛かったし、静かな緊張感に満ちた、いい映画だったと思う。ユキの最後のシーンは意外にあっさりしているが、怪談はそんなものだ。むしろ最後は、老衰した巳之吉を看病する、14歳からまったく歳を取っていないウメのシーンがあれば、尚よかった気がする。

耶馬英彦
耶馬英彦さん / 2017年3月18日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

作りたい人が作った。

ポリシーのあるアーティストが作るから出来上がるんだろうなー、という感じ。
最近は何でも派手目な仕上がりになったりするから、それに慣れてしまった自分が悲しい…。怪死に絡む展開がもっと欲しいと思うのはエンターテイメント期待しちゃうから。
雪女な新解釈。確かに。家族と情を知った人間らしい怪談になってました。

peanuts
peanutsさん / 2017年3月16日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ちょっと期待しすぎたか

日本映画で原作は古典なのでそんな雰囲気を期待していましたが
ちょっと見終わった後はなんとも言えない感じになりました。

ストーリーを知っている人にとっては物足りない感じ、すぐに席を立つ人の気持ちもわからんでもない。

みゃん
みゃんさん / 2017年3月14日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

奥が深い作品

過剰なセリフや音楽が排除された、一見非常に静かな作品です。であるが故に、作品の解釈は観た人の感性に委ねられる部分が大きいと思う。観終わった後に、もう一度一つ一つのセリフやエピソードを振り返り、改めて『「雪女」って一体何者だったんだろう?』と想像すると面白いと思います。

みよちゃん
みよちゃんさん / 2017年3月12日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  知的 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

配役に魅せられて

童話を読んでいるかのように、場面場面の移り変わりに引き込まれていき、若手とベテランの俳優さん方のそれぞれの個性が
印象深く、 一言一句に重みを感じました。

Sayuri
Sayuriさん / 2017年3月8日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ウ~ン。という感じ

期待しすぎていたかもしれません。昔風の日本映画を意識しすぎているのかなぁと思います。

タイガー力石
タイガー力石さん / 2017年3月7日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ファンタジックな作品は、何でもかんでも映像で説明しすぎる現在、この...

ファンタジックな作品は、何でもかんでも映像で説明しすぎる現在、このように特殊技術に頼らず、余白を残した伝統の日本らしさで表現された作品が今でも制作され市場に出たことに、将来の映画市場に希望を感じました。

りゅうりゅう
りゅうりゅうさん / 2017年3月6日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  楽しい 知的 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

杉野希妃

いい映画でね、でもまず「杉野希妃いい女だなあ」とそればかり思って観ちゃうね。

この人、監督で主演女優だから、自分をどう撮るか自分で決めるんだよね。自分をどう見せたら、女として魅力的であるかを自覚してるってどんな気分なんだろと思ったね。

話は淡々と進んで、なんとなく「ええ話やなあ」と解った気分になんの。でも「ホントに解ってる?」って聞かれると、「すいません」って感じかな。

上映前に舞台挨拶あって「雪女と人間のあいのこのウメは何を象徴してるのか?と考えながら観ていただいても、でも、楽しんで観ていただければ」と杉野監督言ってました。僕は楽しいだけで観たな。機会あったらもう一回観よ。

Scott
Scottさん / 2017年3月5日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

とても

静かな作品でした。
ラストシーンとエンディングロールの瞬間にビビッとしました。

かん
かんさん / 2017年3月5日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

雪女 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

なんとなく結末だけは予想できた映画
ハッピーエンドにはならないだろうと。
極めて現世的な雪女でもっと艶かしい、浮世離れしたものを期待していたが、そうではなかった

途中の踊りのシーンにもう少し迫力というか、真に迫るような物があれば全体の雰囲気が変わったかも。

やっぱりそこで終わるのかと、終わった瞬間に置いてきぼりにされ、観客にボールを渡される映画

2017年3月5日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

純文学

説明的な台詞をできる限り排除しながら、画面だけで観客を納得させる作り。美しさと悲しさを感じた。

まさのりん
まさのりんさん / 2017年3月4日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  悲しい 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

感動。

長いカットに見応えあり。普通なら飽きるかもしれないが、それを見飽きさせることのない演技で見やすかった。

NGS
NGSさん / 2017年3月4日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

監視と愛情

元々会いたくて戻ってきたのか、約束を守るか監視するつもりだったのか、その辺の背景や展開がなく少し解り難い。

15年経って訪れたその時は切なく悲しく温かく何とも言えない気持ちにさせてくれた。

有名過ぎる、王道過ぎる原作の新解釈ということだけど特に違和感はなかった。

Bacchus
Bacchusさん / 2017年3月4日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  悲しい 単純 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

懐かしのATG

ATGの初期、すべての映画に作家性があって、見るものに知的興奮を与えてくれていた。40年たってやっと知的興奮映画が復活した。混沌とした今の世界に必要な人間性へ思いを馳せた。

ペル
ペルさん / 2017年2月9日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

16件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi