風に濡れた女
ホーム > 作品情報 > 映画「風に濡れた女」
メニュー

風に濡れた女

劇場公開日

解説

日活の成人映画レーベル「ロマンポルノ」の45周年を記念し、気鋭の映画監督たちが新作ロマンポルノを手がける「日活ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」の1作で、「黄泉がえり」「カナリア」の塩田明彦監督が手がけた恋愛ドラマ。「甘い鞭」の間宮夕貴と「愛のむきだし」の永岡佑が主演を務め、欲望に純粋な女と無欲な男が繰り広げる恋の駆け引きを軽妙なタッチで描き出す。過去から逃げるように都会を離れ、山小屋でひっそりと暮らしている高介。ある日、リアカーを引いて海辺を歩いていた彼の横を自転車に乗った若い女・汐里が横切り、そのまま海につっこんでしまう。汐里は高介の前で濡れた肢体をさらけ出し、今晩泊めてほしいと言い寄ってくる。生命力と性欲を持て余した汐里との出会いによって、高介は欲望の渦へと巻き込まれていく。ロマンポルノ作品として初めて、第69回ロカルノ国際映画祭コンペティション部門に正式出品された。

スタッフ

監督
脚本
塩田明彦
製作
由里敬三
エグゼクティブプロデューサー
田中正
プロデューサー
小室直子
増田真一郎
高橋政彦
アソシエイトプロデューサー
高木希世江
山本章
撮影
四宮秀俊
照明
宮永アグル
録音
日下部雅也
美術
竹内公一
装飾
錦織洋史
衣装
篠塚奈美
ヘアメイク
佐藤泰子
編集
佐藤崇
音楽
きだしゅんすけ
音響効果
柴崎憲治
中村佳央
スクリプター
工藤みずほ
キャスティング
吉川威史
助監督
毛利安孝
制作担当
森脇健介

作品データ

製作年 2016年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 78分
映倫区分 R18+
オフィシャルサイト  

特集

映画を愛する人たちよ、全5作品を見た上で教えてくれ!この長年の論争の答えを!!「ロマンポルノはわいせつか? セックスを描くことは不謹慎か?」

1971年に誕生し、「芸術か? わいせつか?」という論争を巻き起こした「ロマンポルノ」。製作45周年を迎えたこの伝説の成人映画レーベルに、今、行定勲、塩田明彦、白石和彌、園子温、中田秀夫ら最前線で活躍する実力派監督が初めて挑んだ。上映時間、製作費、撮影期間など、同じ条件で描かれる「映画界大注目の大喜利」で新しく生まれたのは、この5作品だ!特集

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全13件)
  • 男と女の喜劇。 ロマンポルノ初鑑賞。 映画館で観たくて、ビビりながら行ったけど女性もいて一安心。 女目線で観た個人的感想。 これは男と女の喜劇だ。メインの女性の色んな意味であけっぴろげな肉体はエロスよりもまず生... ...続きを読む

    ゆめ ゆめさん  2017年3月26日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • つかみは最高なのだが… 冒頭のつかみは最高、女優も魅力的なのだが。 エロばかりに集中して物語がおざなり。 雰囲気は嫌いではないが、自分がコレを手放しで喜べたのはハタチくらいまでだな。 必然性のあるエロスが観たかったな。 ...続きを読む

    好きこそモノのヘタレなれ 好きこそモノのヘタレなれさん  2017年3月10日  評価:2.5
    このレビューに共感した/1
  • 虎と犬のひと時 世捨て人と流れ者の女の性的闘いの話 園子温の「アンチポルノ」と違ってかなり濡れ場とエロスがあった。 ユーモアも多く散りばめられているし、何気ないものが伏線だったり、作品として面白かった。 低予算... ...続きを読む

    フリント フリントさん  2017年2月22日  評価:-
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

風に濡れた女 風に濡れた女(劇場公開版) 風に濡れた女 風に濡れた女
風に濡れた女 風に濡れた女(劇場公開版) 風に濡れた女 風に濡れた女
2017年1月14日 2017年8月6日 2017年8月2日 2017年1月14日
¥400 ¥500 ¥500 ¥540
Amazonビデオ iTunes U-NEXT ビデオマーケット
※600円分無料 ポイント制

「ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」シリーズ関連作品

他のユーザーは「風に濡れた女」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi