「劣等感の塊の暴走」ライオット・クラブ m@yu-chan-nelさんの映画レビュー(ネタバレ)

メニュー

ライオット・クラブ

劇場公開日 2016年7月23日
全8件中、3件目を表示
  •  
映画レビューを書く

劣等感の塊の暴走 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

観てて気分が悪くなるのは、庶民だからか?www
所詮〜金持ちが、金にモノを言わせて世の中を回してるんだろうなーって思う作品。

終盤で、田舎町で常連客を相手に料理店を営む店主がボコられるシーンは、可哀想になる。

唯一まともなマイルズと、劣等感の塊のアリステアの間で起きた歪からクラブに危機が迫るけど、歴史の長いそのクラブでは 何があっても将来の保証がされている。
お偉方はクラブの出身者が多いので、どうとでもしてくれると言うね。
保守的なイギリスらしいなと。
金持ちはどこの世界でも根性が腐ってるんだなー。

マイルズはそんなクラブに嫌気が差し、クラブをやめることに。
でも、その穴埋め(刈り入れ)は長く続く歴史の如く続いて行く…。

アリステアはクズ中のクズw
最後に、クラブ出身のお偉いさんに 警察にクラブの存在を全てぶちまけると 追い込まれた風を装い、口止め料として社会的地位を保証してもらったことで オックスフォードを退学処分になったにも関わらず最後に不敵な笑みを浮かべてのエンド…。
レジェンドと呼ばれた優秀な兄に、やっと勝てたと思ったんだろうねー。

m@yu-chan-nel
さん / 2017年4月30日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi