花戦さのレビュー・感想・評価

メニュー

花戦さ

劇場公開日 2017年6月3日
70件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

独裁者の暴走を止めるのは庶民の教養だ!!

己の野望のために人命を軽んじる戦国の武将、信長に、命あるものの尊さを以て対峙しようとした華道界のレジェンド、池坊専好の、文字通り命がけの戦いは、改めて華道の奥義というものを我々に教えてくれる。生け花独特の時に大仰にも感じる表現が、実は限りある植物のはかなさと、だからこそ生まれる力強さの証明だと気づかされるからだ。野村萬斎の個性が専好の飄々としてユーモラスな佇まいとマッチしている。狂言と華道の融合とでも言おうか。それにしても「花戦さ」とは美しくも生々しいタイトルだ。"独裁者の暴走を阻止できるのは、庶民の教養とユーモア以外の何ものでもない"という映画のメッセージは、恐らく作り手の思惑を大きく超えて、今を生きる日本人の心に深く突き刺さるだろうから。

MP
MPさん / 2017年6月11日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 怖い
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

喜劇の体をとりつつも、日本の美意識をしっかり映像化

狂言師の野村萬斎が主役というだけあって、上品なドタバタ喜劇の体裁でストーリーが進む。その一方で、花を生けるというソフトな表現手段で権力の横暴に対抗する、そんな「和の心」が後半の展開を牽引する。喜劇だからといってけっして終始騒々しいわけではなく、花を生けたり茶をたてたりするシーンではきちんと静謐な時間が流れる。

もちろん、華道家元の池坊が協力した生け花の数々を作中で楽しめるほか、利休庵で深い光沢を放つ漆の黒、素朴な味の陶器など、日本の美意識がわかりやすく映像化された印象だ。

往年のチャンバラ時代劇に馴染んだ世代には、花をもって天下人を制すというコンセプトは物足りないかもしれない。それでも、いわば「草食系ヒーロー」のコメディーとして、今の時代感覚に合う快作だと思う。

AuVis
AuVisさん / 2017年6月10日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

残念な仕上がりだった

久しぶりの野村萬斎の映画が観たくて映画館で観ましたが、、
やっぱり映画って良い役者さんが出てても、脚本と監督次第で残念な仕上がりになってしまうんですよね。
良い話なのにテンポ悪いし今ひとつだったのが残念。

madamasako
madamasakoさん / 2017年10月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

演出が残念

題材が興味深く役者さんも良く美術も手間がかかっているのに、もっさりとした間や、台詞言ってる人の顔を正面から交互に映したりという、一昔前のドラマみたいな演出がダサくて残念な映画

ユウコ
ユウコさん / 2017年9月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

花の仕事をしているので

時代背景はあまりわからない状態で観ましたが花と茶を通じて時代の背景も気になるくらいが華道と茶道が描かれていました。
最初から花の持つ力ともてなしの心を持った主人公に心をわしづかみされていっときも飽きずにスクリーンから目が離せませんでした。

改めて自分のしている仕事の大切さや志を見つめなおせた映画でした!

hotdogmilk
hotdogmilkさん / 2017年7月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

こんなに素敵な作品に出会ったのは初めてかもしれない。 2回観に行っ...

こんなに素敵な作品に出会ったのは初めてかもしれない。
2回観に行ったけど、2回と言わず、3回、4回、、、何度でもみたい!!
DVD出たら絶対買う(*´∇`*)
パンフレットとサウンドトラック、公式本やムック、扇子などなど、花戦さに関するものは全部買った。
映画グッズをこんなに買うのも初めて♪

生け花や歴史に詳しくなくても、ストーリーは入ってくるし、とても楽しく観ることができた。
むしろ、知らないからこそ楽しめた部分もあると思う。
立花の生け方、仕組みには驚いた!
まさかあんな技だったとは!?
さすが生け花発祥、そして池坊555年の歴史!

専好さんの人柄や活躍にはもちろん感動したけど、他の人物も興味深く、個人的には特に千利休が印象深い!
専好さんや秀吉との関係、自分の意思を貫く逞しさ、最後まで諦めない強さには感心させられた。
また、信長のシーンは短かったものの、「茶と花を、人の心を大事にせよ。」の言葉は素晴らしく重みがあり、考えさせられるものがある。
人の上に立つ者として、こういったことを素直に言える人は、今の世の中少ないのではないだろうか、、、

ジーンとくるシーンもあれば、ちょっと吹き出してしまうシーンもあり、ほんとに何度みても飽きない作品。
いい作品に出会えた。
個人的にはほんとにハマったので、花戦さを基準にしてしまうと、これから他の映画を見た時に、いい作品であってもちょっとがっかりしそう、、、

am167たぅーの
am167たぅーのさん / 2017年7月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

花の戦さの真髄。命を懸けて訴えた、“それぞれの良さ”。

【賛否両論チェック】
賛:殺伐とした時代にあって、〝花”をもって人々の心に訴えかけていった主人公・専好の人となりが、微笑ましくも感動を誘う。
否:展開はかなり淡々としているので、観ていて眠くなってしまいそう。

 戦国時代という殺伐とした時代にあって、“生け花”で平安を願った僧侶達。その中でも異彩を放っていた主人公・専好の姿が、四季折々の様々な花の彩と共に描かれていくのが印象的です。個人的には、口をきこうとしない少女・れんに、専好が蓮の花を使って心を開いたシーンがステキでした。
 そしてそんな専好が、暴君と化した秀吉に対し、生け花を通して訴えかける“人間それぞれが持つ良さ”というテーマも、また感動を誘います。ラストの専好の鬼気迫る迫力には、思わず圧倒されてしまいます。
 想像に違わず、時代劇の中ではかなり静かで淡々と進む物語なので、下手をすると眠くなってしまうかも知れませんが、権力に花で立ち向かった勇気ある花僧の生き様を、是非ご覧になってみて下さい。

映画コーディネーター・門倉カド
映画コーディネーター・門倉カドさん / 2017年7月14日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  悲しい 知的 寝られる
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

萬斎劇場

狂言師野村萬斎劇場
笑いあり涙ありドタバタ劇
終わりも笑いで締めておりよかった

どちゃっく
どちゃっくさん / 2017年7月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

画面の美しさ❗️

キャストに引かれ、見に行きました。
お花も豪華で綺麗すが、野村萬齏さんを筆頭にスクリーンに居るだけで、華やぐ役者さんばかり‼️
圧倒され、あっという間の時間でした。

miya
miyaさん / 2017年7月10日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

おっちゃん達が花道やお茶を楽しそうに嗜んでる姿が微笑ましい★ 利休...

おっちゃん達が花道やお茶を楽しそうに嗜んでる姿が微笑ましい★
利休が好きな色の話をする場面が好き。たわいもない話だけどなかなか深かった。

uzumoti
uzumotiさん / 2017年7月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

拘って悪いか。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

生け花に疎い自分ですらあれほどの木花の美には心を奪われる。
暴君と化した秀吉の粛清が後半かなり残酷度を増すまで、前半
はほのぼののんびりとした味わいが若干長く感じられるものの、
池坊専好のお人柄が野村萬斎にピッタリで楽しめる。そんなに
物忘れが酷くて(またこういう話か)大丈夫なの?と思うほどの
重要ポストに座らされるものの、持ち前の明るさと人の良さで
次々と町民をも虜にするのだが…。利休が拘った黒い茶碗だが
人には拘りたいものが一つ位ある。他人から見れば何だそんな
と思うような趣向や習慣が当人にとっては大切な選択だったり、
何を言われようと曲げたくない頑固さを持つ。そんな拘りに対
して「あぁそれもアリだね」と認められない傲慢な性格を持った
現代人もたまに見受けられるが、さらに異常に攻撃する狂人の
悍ましさを見た思い。〇〇には〇〇の、✖✖には✖✖の…という
専好の台詞にその通り!と心で拍手。それぞれに美、それぞれ
に心、それぞれに趣があって、芸術って生まれるんじゃないの。

ハチコ
ハチコさん / 2017年7月2日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 楽しい 怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

破綻はしてない ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

活け花 綺麗だったわ。真剣に観たことないから、どのレベルでの綺麗さなのか解んないけど、勉強してみようかなと思った。空間をうまく支配できる感覚がないと、活け花やれなさそうだね。

劇中で蓮が描く絵も、なかなか良かったかな。

萬斎様の演技いいよね。森川葵も頑張ってついてってた。

納得のストーリーなんだよね。「まあ、そうだろうな」っていう。

大体文句ないんだけど、盛り上がりに欠けてんのね。淡々といきすぎてるっていう。

脚本に一考が必要なのかなとも思ったけど、原作が映画化難しい原作なんだろうな。

ストーリー大体納得と言いながら。

最後は活け花で秀吉を説得だけどさ。それがどうしたって感じだったな。もう人はバンバン殺してるし、秀吉、狂っちゃってるんだよね。

活け花で一時的に秀吉の気持ちを変えられるかも知れないけど、所詮一時的だよなあって思った。利休が命を賭けたって変わんなかったからね。

そこが、こう、クライマックスが盛り上がらない一因かも。

Scott
Scottさん / 2017年7月2日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

花には花の、役者には役者それぞれの・・・

戦国時代も末。
京都の中心・六角堂は池坊と呼ばれ、花を手向ける花僧たちが大勢いた。
その中ひとりが、変わり者・専好(野村萬斎)。
ある日、織田信長の御前で花を披露せよ、との命が池坊のもとに届いた。
信長の噂を聞いていた寺の主は、恐れをなして、専好を行かせることにした。
その席で専好は立派な松を活け、信長から褒められることとなる。
その席には、豊臣秀吉(市川猿之助)と千利休(佐藤浩市)の姿もあった。
そして、月日は流れ、豊臣の世・・・

といったハナシで、チャンバラのない時代劇。
個人的には時代劇は好きだが、チャンバラは苦手なので、この手の作品は好きな方な部類。

どんどんと権力を握って横暴になっていき、遂には利休に切腹を命じた秀吉。
それをどのように諫めるか、というハナシになるのだが、なんといっても見どころは、野村萬斎、市川猿之助、佐藤浩市の三人の演技。
まぁ、それぞれがそれぞれに、それぞれ良い演技をして、それを「どの演技も良いのぉ」と言いながら楽しめればよい。

これほどの演技の達者なひとばかりだと、点でバラバラな演技合戦になりそうなところを、篠原監督が巧みに演出して、バラバラになっていないあたり、さすがである。

池坊の面々による生け花のシーンも多く、それも観ていて満足。

りゃんひさ
りゃんひささん / 2017年7月1日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

桃山の影を道端より眺める

歴史考証は「生で見てない限り全てあり得る」が持論なので、変に思い込まず堪能させて頂きました。専好さんと関わる其々の間合いが、いとおしくせつなくあたたかい。それだけに、一つ一つの別れが締め付けられるように苦しく、引き込まれていきました。
最後のアレは専武さんの仕込みだと、勝手にジンワリ。何せ原作読んでないもので…。

lynx09b
lynx09bさん / 2017年7月1日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  幸せ 泣ける 悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

道に生きる ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

野村萬斎さんの生き生きとした演技と周りのやりとりに終始笑いつつ、本当に天才的な方だったんだろうなと想像が膨らみました。
お花も大きな作品はもちろん、小さな作品も一つ一つが素晴らしかったです。華展に出すだけでも大変なのに、一瞬のシーンのためにどれほどの人が関わったのかと思うと、エンドロールの池坊の方のお名前の多さも頷けます。
池坊さんだから映画化できるんじゃないかなと思います。

専好や利休、信長、お茶やお花の本質を理解する者たちとそうでない秀吉。
秀吉には町人たちの揶揄も相まってバカにされているように感じるんです。でも他人をバカにするとか、誰が一番とかないんですよね。
昔、茶道も華道も一生かけて学ぶもの、自分のことだけ考えて、自分と向き合うんが”道”というものだと母から聞いたことがあります。
華道や茶道の本来の姿と奥深さを思い知らされたように感じました。

ぱち
ぱちさん / 2017年6月29日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

野村萬斎の演技ひとつで

心持ってかれました。
純粋さ愛らしさ
その上に華道の美しさ。
好みはあるかもしれませんが
私はまとまった生け方より
躍動感ある奇天烈な生け方の方が好きなので、お花観るだけでも充分感動。

日本人ならではのおもしろさがありました。関西ならではのノリとか。

ただ無意味に殺されていくのを傍観しているのは苦しい。納得いかない。

全ての争い事がお花で解決すれば
平和ですねー。

両側(それぞれ他人)からは寝息が聞こえっぱなしでしたが(汗

kyaroline
kyarolineさん / 2017年6月28日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  幸せ 悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

どの役者さんにも演技に迫力を感じ、たくさんの方に観て頂きたい素敵な...

どの役者さんにも演技に迫力を感じ、たくさんの方に観て頂きたい素敵な作品でした。

chu
chuさん / 2017年6月27日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 2 件)

色んな意味でちょっと

ちょっと思った感じではなかったかな、途中、ちょっと眠かった。
まあ、こういう話があったことは事実なんだろうけど、利休しかり、天下人を向こうに、啖呵を切ったことで今に続く伝統芸能になったんだろうな…と、ちょっと感心。
ただ、エンドロールで池坊の関係者の名前の羅列が凄かった…。この人達が、どんな風に映画に関わったのか? 何これ?って感じで、ちょっと興醒め。

kawauso
kawausoさん / 2017年6月25日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 知的 寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ー華と茶と人の心ー 美しい、が。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 制作陣が気になりすぎて劇場鑑賞。
主演に野村萬斎、そして、市川猿之助・中井貴一・佐々木蔵之介・佐藤浩市と続く日本映画の豪華キャスト。音楽は、久石譲!。劇中絵画は小松美羽!!。

調べると、脚本の森下佳子さんはドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』、『JIN-仁-』、『ごちそうさん』、個人的に好きな映画『包帯クラブ』などに携わってらっしゃる。存じなかったけど好きな作品を作ってた人。あとメインの華道は華道家元池坊が監修と、間違いないでしょう。

 上記の面々のかかわったであろう要素は素晴らしかった。
野村萬斎の顔芸は愉快で観ていられた。心から楽しくいけてた最初と池坊を背負う立場になってから疲れていく表情がよかった。200瓶あるらしい手の込んだ華もいちいち美しい。習ってる人たちの作品と専好の作品との差は歴然。利休と何やかんやあった後の黒い背景に浮かぶような梅が美しかった。
レン・小松美羽の絵の存在感が良かった。レンが洞窟の壁に描いた蓮を背景に専好とレンが火を囲み話すシーンも美しく印象深い。

 なんだか気に入らなかったシーンがいくつかある。
まず、うわっと思ったのは、専好が池から蓮の花を取るシーン。岸から盲目に花を取ろうとするあまりに池に落ちる…のはいいんだけど、落ちた映像がない。野村萬斎だろうが派手に落ちてくれればいいのに。
秀吉が民衆をさらし首にしていくシーン。観ている人のリアクションとさらし首の頭だけ移すことで説明されるが、ここ、狂った秀吉を印象付けるためにCGでも美術駆使してでも切られた首をモロ見せてよかったと思う。今時、そんなにショッキングでもないだろうし。
最後、秀吉と専好の対峙シーン。松の枝が折れ、慌てて支える専好の演技、なんだあれ。コミカルを超えて違和感が生まれてた。
さらに最後、河原に専好とレンが立つ手前を走るわざとらしい犬。わざとらしい色とりどりの花が一面に咲く。なんだあれ。予算内ならあんなことしなくていいでしょ。専好がいけた花かレン・小松美羽の絵でラストショット、ドォーンがよかった。

好きな要素が多かった分、気に入らないところが目立った。まぁ、何か作りたくなる良い映画です。

dekamo
dekamoさん / 2017年6月23日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 単純 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

個性と生きづらさ

花に疎い方でも、1つは好きないけ方が見つかるかもしれません。
私の場合は、“はな、はねる”
主人は、ある程度、人の上にたったことがある人に共感できる作品だという感想をもっていましたが、
私は、専好が利休にこぼした言葉に、うるっとしたり、やりたい仕事、やらなくちゃいけない仕事、楽しい仕事、大一番、と野村萬斎のころころ変わる表情と演技に魅せられておりました。
夫婦に共通していえたのは、“佐藤浩市は、いい男だ”という結論です。

ぁぃか
ぁぃかさん / 2017年6月22日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

70件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi