TOMORROW パーマネントライフを探して : 映画評論・批評

TOMORROW パーマネントライフを探して

劇場公開日 2016年12月23日
2016年12月20日更新 2016年12月23日よりシアター・イメージフォーラムほかにてロードショー

明日がちょっとだけ軽くなる、ポジティブなエネルギーに満ちたエコ・ドキュメンタリー

天は二物を与えずというが、世の中つねに例外はあるものだ。「イングロリアス・バスターズ」などで知られる女優のメラニー・ロランが共同監督、出演を務めるこのドキュメンタリーを観たら、誰もが鼓舞されるのではないだろうか。よくできていて面白い、というだけではない。ここにはエコロジーに対する無理のない、等身大のヴィジョンがある。エンターテインメントでわかりやすいという点では、マイケル・ムーアのドキュメンタリーに近い(彼ほど挑発的ではないが)。自分たちが足を使って世界各地に赴き、素人の視点から疑問を投げかけ検証していくというスタイルもまたムーア的だ。だが最大の魅力は、本作の意図が世界の危機を告発するだけではなく、その先の解決作を模索する、まさにTomorrowを考えたポジティブなエネルギーに貫かれていること。フランスですでに一年近くもロングランヒットを続けているというのも頷ける。

画像1

人類滅亡の危機を説いた論文を目にしたことがきっかけだったという制作チームは、一般レベルでいま何ができるのかを探るため、世界各地の興味深い場所を訪問する。たとえばアイスランドの水力と地熱エネルギーを使った発電システムを見学したり、デトロイトの過疎地帯で有機農業を始めたグループを訪れたり。そのテーマは、農業、エネルギーから経済、民主主義、教育にまで及ぶ。専門用語や数字が並ぶ、専門家の難解な解説をイラストにしたり、ユーモアもたたえたナレーションでフォローすることで、映像的な楽しさと小気味よいテンポが同居する。さらに透明な歌声のスウェーデンのシンガー、フレドリカ・スタールをフィーチャーした音楽は、素朴な自然の風景と相まって、映画にスピリチュアルな広がりをもたらしている。

本作を観て「ナイーブ、短絡的」と評する人もいるかもしれない。だがたしかなのは、実際世界にはこうした生き方を実践している人々が存在するということだ。彼らにできてなぜ我々にできないのか、ということをこの映画は考えさせる、と同時に、純粋に未知なる世界の刺激的な発見をもたらしてくれる。

佐藤久理子

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全6件)
  • 資本主義の未来 18世紀に産業革命が起こってから、社会主義の台頭などの紆余曲折を経て、更に「金」が「金」を生む金融資本主義になってしまっている現代。 作品中、「彼ら(資本)は何も生み出さない。管理するだけであ... ...続きを読む

    ミカ ミカさん  2017年5月13日 19:02  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 本当の民主主義とは 政治の所がとても興味深かった。 くじ引き民主主義賛成‼︎ 裁判員裁判もできているのだから、きっとできる。 人類滅亡後の映画は山ほどあるけれど、人類が新しい社会をつくる映画はない。この映画は... ...続きを読む

    Momoko Momokoさん  2017年2月24日 14:00  評価:3.5
    このレビューに共感した/1
  • 捨離 結局、金持ちが節税のために寄付したり、別にステータスがあったり元々ルックスのいい人がノームコアファッションに身を包みオシャレを見下したり、オーガニック信仰だって省エネだって良いものを食べてきた人... ...続きを読む

    ヨッシー ヨッシーさん  2017年2月10日 20:12  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi