栄光のランナー 1936ベルリン
ホーム > 作品情報 > 映画「栄光のランナー 1936ベルリン」
メニュー

栄光のランナー 1936ベルリン

劇場公開日

解説

1936年ナチス独裁政権下で開催されたベルリンオリンピックで史上初の4冠を達成したアメリカ人陸上競技選手ジェシー・オーエンスの半生を描く。貧しい家庭に生まれながら、陸上選手として中学時代から類いまれな才能を発揮していたジェシー・オーエンスは、オハイオ州立大学でコーチのラリー・スナイダーと出会い、オリンピックを目指して日々練習に励む。しかし、アメリカ国内では、ナチスに反対し、ベルリンオリンピックをボイコットする機運が高まっていた。そして黒人であるオーエンスにとって、ナチスによる人種差別政策は、当然容認できるものではなかった。オーエンス役を「グローリー 明日への行進」のステファン・ジェームス、コーチのスナイダー役を「モンスター上司」のジェイソン・サダイキスがそれぞれ演じ、オスカー俳優のジェレミー・アイアンズ、ウィリアム・ハートが脇を固める。監督は「プレデター2」のスティーブン・ホプキンス。

作品データ

原題 Race
製作年 2016年
製作国 フランス・ドイツ・カナダ合作
配給 東北新社、STAR CHANNEL MOVIES
上映時間 134分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

特集

「ナチスのための五輪」でヒトラーの鼻を明かした黒人アスリートがいた!オリンピックイヤーの“今”、目利きの映画ファンへ贈る良質な1本
特集

1936年、ナチス政権下のベルリン・オリンピックで、人種差別にさらされながらも4つの金メダル獲得という快挙を成し遂げた伝説のランナー、ジェシー・オーエンスの戦いを描くヒューマン・ドラマ「栄光のランナー 1936ベルリン」が8月11日よ...特集

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全19件)
  • 朋友のみぞ知る世界で 蚊帳の外は彼の政党。そうあるべき世を陸上を通して描く。 その様は21世紀の現代に於いても、決して伝記で済ましてはいけないことを覚えさせられる。 ...続きを読む

    なべたく なべたくさん  2016年11月12日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 良かった なんか分かったような気になっていて、しばらく見ないでいた映画だったけど、アメリカの人種差別とかナチスとの関係とか含め想像以上に良い映画でした。 大勢の人に見てほしいな。 ...続きを読む

    ちこどん ちこどんさん  2016年10月9日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • 未成熟な理想 時代的な暗さやもどかしさを投影しながらも描かれるのは眩しいまでの師弟関係。心の動きは説明せずに役者任せってのも好みでした。 ...続きを読む

    lynx09b lynx09bさん  2016年10月8日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「栄光のランナー 1936ベルリン」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi