白鳥麗子でございます! THE MOVIEのレビュー・感想・評価

白鳥麗子でございます! THE MOVIE

劇場公開日 2016年6月11日
3件を表示 映画レビューを書く

河北麻友子版て感じ

どーしても松雪泰子のイメージが先行してしまうのとメンズキャストがイマイチすぎて…困りました。
可愛いし細いし確かに松雪泰子っぽい白鳥麗子なんだけど、うーん。
でも悪気のないエイリアン美人に彼女以外、現在の女優?!タレントで板に着く人は確かにいないかもしれないけど、とにかく劇場で観なくてよかったし笑とにかく単純な時間つぶしには最適かもしれません。

みきねこ
みきねこさん / 2017年2月5日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これぞ恋愛コメディの王道。単純明快な愛の物語。

【賛否両論チェック】
賛:恋路を引き裂かれてしまった主人公達の奮闘ぶりが、コミカルに描かれていくのがとても痛快。“愛”を直球で問いかける内容も、単純明快で心に響く。
否:ストーリーはかなり荒唐無稽なので、ツッコミどころを挙げるとキリがない。展開もかなり強引なので、本格派には物足りないか。

 予備知識はあった方が楽しめそうですが、最悪なくても大丈夫。平凡な大学生と恋に落ちた財閥のお嬢様が、地元の開発計画から恋路を引き裂かれてしまい、それでも大切な愛を貫くために、2人がそれぞれの立場から状況を打開しようと奮闘する様子が、非常にコミカルに描かれていくのが痛快です。
 あまり言うとネタバレになってしまいますが、ラストで主人公達に突きつけられる究極の選択にも、“愛する者のために何を犠牲にするか”という永遠のテーマが、ストレートに観る者の胸を打ちます。
 ありがちで先が読めてしまうストーリーではありますが、それも含めてラブコメディの王道を地で行くような、ステキな作品に仕上がっています。出演者のファンの方には勿論、恋に悩む全ての人にオススメの作品です。

映画コーディネーター・門倉カド
映画コーディネーター・門倉カドさん / 2016年6月28日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

予定調和的な

やはり、テレビの延長的な感じでした。

良かったことは、懐かしい役者も見られて、おおっ的な(笑)

予定調和的なストーリーですので、思った通りでした。

白鳥麗子ファン向けかな(笑)

Nobito
Nobitoさん / 2016年6月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

3件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi