太陽のめざめのレビュー・感想・評価

メニュー

太陽のめざめ

劇場公開日 2016年8月6日
10件を表示 映画レビューを書く

札付きのワル

車は盗むは暴れるはで救いようのないワル。

たくさんの大人達が更生させるために彼と向き合い努力する。
努力は虚しく彼が期待に応えることはなく、感情をコントロールできない彼は常に爆発。
ある事がきっかけで明るい陽射しが、、、。

人間は感情のある生き物だからこそ、忍耐強さや我慢って必要。
人の愛は優しさや厳しさもあり受け取る側の捉え方なのかも。心境の変化が演技や顔付きに、うまく表現されてました。

つらい時こそ手を握る。
素敵です。

ブノワ・マジメルがかっこよかった〜〜☆

Riri
Ririさん / 2017年9月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

暴力的だが繊細な少年の心の機微が丁寧に表現されている。最後に光が見えた。

暴力的だが繊細な少年の心の機微が丁寧に表現されている。最後に光が見えた。

hctcl
hctclさん / 2017年9月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

辛抱強い

フランスの悪ガキを更生させようと奮闘する大人たちの物語。
女性判事(カトリーヌ・ドヌーブ)は、愚かな母親のもとで暴力的な少年を、なんとか更生させようと矯正施設送りにする。
しかしこの少年は改善の兆しも見えず、悪さを繰り返す。
フランスの少年少女犯罪者対応は大変で、ある意味、極右がある程度支持を伸ばす理由もここにあるのでは。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2017年7月19日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 興奮 難しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

それでも子供は子供 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

子供は母親を選べないし、母親も子供を選べない。

ネグレクトという言葉を最近耳にするが、この映画はネグレクト被害者なのだろうか。
そう考えながらも救われない気持ちと、その立場になったことがないものの子供の気持ちは分からなくもない。

そして子供はやがて親となる。
この時「自分の両親みたいにはなりたくない」と思っているはず。
でも実際は分からない。
自身の子供が生まれ心が洗われた主人公、その後どうなるのか。
真っ当な人生を送ってほしいし、幸せになってほしい。
でも可愛い赤ちゃんを見ながらも、どうしても素直に笑顔になれない自分がいた。

まえじー
まえじーさん / 2016年12月5日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

不良少年の成長

物語の展開も豊富で刺激がおおいが、見る人によっては胸糞映画かもしれない。

スケベニンゲン
スケベニンゲンさん / 2016年11月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ラストが感慨深い

キレやすく暴力、盗みなどを繰り返す少年の更生をはかる映画というものは、これまでにも幾つかあり、テーマとしては珍しくないかもしれない。

しかし、この映画は違うのだ。

何によって人は変わって行くのか?
あるいは変わらないのか?

カトリーヌ・ドヌーヴが懐の深さを感じる名裁判官役を演じていた。

ラストの演出、音楽が素晴らしかった。

ひで3
ひで3さん / 2016年10月28日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

苦しみと助け

苦しみは人の助けを引き出す。
しかし差し出された手を、上手く取れない人もいる。苦しい状況である事が恥とか、自分だけの事と思うとありがとうと言えなくなる。
生きているのだから、みんな苦しい。平気な顔をしていても苦しい。でも、色々な出来事は起こり過ぎ去っていく。苦しみの種類が変わるだけかもしれないけれど。
出された手を信じる事、苦しみに向き合う事を恐れない事、人は変わる事を信じる事、そんな事を考えながら観た。

Momoko
Momokoさん / 2016年9月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

できることは信じ続けることだけ。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

なかなかに良かったです。

マロニーは、一生懸命支えてくれるおとなをなんどもなんどもなんども裏切ります。
私などは忍耐力もないので、途中でさじを投げたかもしれません。妊婦への暴行が特にきつかったです。
でも、私たちに出来ることは、信じることをやめないことだけなんだ、どんなことがあっても諦めずに諭し、背中を押し続ける事だけ。全体を通じてそういう意思を感じました。

マロニーは判事や教育係やテスの支えのお陰で、どうやら更生できそうな雰囲気で終わります。
でも、現実はそう甘くないでしょう。
教育も足りていない前科者が10代で親になり、結婚したとして上手くいくか。正直昨今のニュースを見ていて、いきっこないと思ってしまいます。
ですが、この先の裏切りも含めて、彼らを信じつづけること。それだけが、数少ない、「人を救えた前例」なんだろうと思いました。

マロニーはあんな母を愛しているんですね。母に愛されたい。その気持ちが叶わないことが辛くて辛くて。誰にも十分に愛されていないことを知っている、あるいは直視できず、よくないことばかりしてしまうのだと思います。自分を価値がある人間と思えないから。

母も愛してないわけではないけれど、気まぐれで自分勝手すぎる。とはいえきっと彼女にも悲しい負の連鎖があって、もうちゃんとできないんでしょう。悲しいけれど母を諦めて他の人と関係を築くしかもう方法はないけど、血も繋がってないのに自分みたいなもんを誰が愛してくれるよ。そんなマロニーの叫びが頭の中に響き続け、苦しかったです。

でも周りの人が頑張ってくれた。
テスのお母さんが、お腹の子供を堕胎するのは父親がろくでなしの自分だからでは?という問いを否定してくれたこと。
判事がプレゼントの石を文鎮にしてくれていたこと、手を握ってくれたこと、ずっと更生を願って諦めないでいてくれたこと。
ヤンが、ぶつかりながらも寄り添い続けてくれて、最後にはマロニーの味方になってくれたこと。
テスが自分を愛してくれたこと。
ちょっとづつちょっとづつ、人を信じ、慈しむことを覚え、遂には、更生施設の新入りを励まし、穏やかな表情で子供を宝物のように抱きしめられるようになりました。

特にマロニーが子供を抱いているところは、泣けました。
子どもの誕生を祝福できていることに、泣けて仕方がなかったです。自分がもらえなかった十分な愛を子どもに注いでくれそうで嬉しかったです。

あと、マロニーの泣き方に、見ているこちらも泣かされました。なんていう顔のしかめ方をするのだろう。どんなにこの子は傷ついているのだろうと。
今でも泣けてしまう感じです。

これは、非行少年たちを支えようとする大人たちに対するエールの映画だと思います。諦めずにずっと続ける。それだけしか出来ることはないんです。

だいず
だいずさん / 2016年9月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 2 件)

評価は映画評論家にしてもらうとして ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

カトリーヌ・ドヌーヴが、どうしても岡田茉莉子に見えてしまう。 主役のロッド・パラドがリバーフェニックスの再来というのは褒めすぎ。 それほど、目に焼き付くほどの演技は見られなかった。 作品の評価について、よいのか悪いのか甲乙つけるのは大変難しい。 ドヌーヴが出演しているので、素晴らしい映画だとも言えない作品だし。 彼女の作品=評価できる作品ではない。話の展開が速すぎてもう少し丁寧に描い て もらいたかった。日本の慣習とフランスの慣習があまりにも違うためか。 厚生施設の中での少年たちの喫煙場面が多いのに違和感を感じたし、判事と検事 の話し 合いで問題ある少年の今後を決めるのだが、判事の判断は間違っていたのかどう なの かも判らない。女性を孕ませて、プラスαで施設から脱走しても、罪が重くなっ たのか どうなのか。妊婦に机をぶつける行為は、かなり罪深き行為ではなかろうか。判 事と少年と の手を握り合う場面に、全く感動はなかった。それよりも子供を抱いて裁判所を 後にする マロニーの将来に物凄い不安を感じる。彼は、立派な大人の男に成長したのだろ うか。 邦題『太陽のめざめ』太陽とは。なんか、心にもやもやしたものが残る作品だ。

突貫小僧
突貫小僧さん / 2016年8月7日 / PCから投稿
  • 評価: -
  • 印象:  難しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ガキんちょ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

非行少年が大人達に見守られ、手助けをされ、更生していく話…ではない!!
残り5分まで何ひとつ成長しない、母親がどうとか家庭環境がどうとか同情の余地もない、全部他人のせいにしてワガママ放題を繰り返すのただのクソがきの話。

その割りには案外みられたけど、徐々に成長する訳ではなく最後だけ急に良い子ぶられても、それまでの経緯から考えて何も説得力ない。もう少し上手いことつくれなかったもんかね。

Bacchus
Bacchusさん / 2016年8月6日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  悲しい 怖い 寝られる
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

10件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi