ジェノサイド・ゲームのレビュー・感想・評価

ジェノサイド・ゲーム

1件を表示 映画レビューを書く

ドミニク・パーセル的ハンガー・ゲーム

どことなくハンガー・ゲームを髣髴とさせるような舞台設定の映画でしたが、まあドミニク・パーセル主演の日本未公開映画ですから、やっぱりと言うかある程度予想通り、DVDスルーも当然のB級劣化版ハンガー・ゲームって感じでしたね。
3つのステージそれぞれに出てくる敵が、いくらなんでもB級過ぎでしょ!
存在価値すら無かった敵もいましたし、死に方なんかむしろ気の毒になるぐらい可愛そうな敵もいて・・・。
それにしても恐ろしく皆弱かったなぁ。
あれだけ銃弾ぶっ放してこれだけ当たらないとなると、凄腕と言うよりは一般人より酷いレベルだったような。
動きが俊敏とは言い難い主人公だっただけに、見せ方がホント下手でしたねぇ(苦笑)

ドミニク・パーセルの顔が見えるアクションシーンは動きが鈍く、見えないシーンはキレキレのアクションをするのもあからさま過ぎて失笑でした。
と言うか、顔が見えないおそらくスタントのシーンが7割近くはあった印象でしたので、もう少しドミニク・パーセルには頑張ってもらいたかったかなと。
でも、演技は上手くないけどこの方いい雰囲気は醸し出すんですよね、何だかんだでドミニク中毒な自分がどこかにいたりします・・・。

まあとりあえず、無実の罪で戦争重罪人とされた主人公が生死を懸けたゲームに勝ち残れば釈放的な昔からよくあるこの手の映画は、どんなにクズな脚本や演出でもそれなりには楽しめる(私だけかもしれませんが)ので、一応退屈はしませんでしたけどね。
あまりのB級さ加減が、一周回って面白い部分もありましたし。
普通このフィールドからゲーム参加者は出られない仕掛けが施してあるはずなのに、そうでもなかった辺りとか、突っ込みどころがありすぎて逆に面白かったかも(普通の映画ファンはただつまらないだけだったとは思いますが)

ただ後半の方向性は、私の期待とは違う方向へ行ってしまい、思いっきり尻つぼみ感(え?最初から尻つぼんでるって?)
まあ冤罪の内容がアレでしたので、仕方ないと言えば仕方ないですが・・・。
基本リアルとは皆無な映画でしたが、アフリカ世界大戦な設定だけは妙にリアルだったかなと、アメリカの大好物ですもんね。
しかしターキーシュートの司会者2人が本当にウザったかったなぁ、でもクズい番組にはクズ司会者が似合うってことなのかな。

スペランカー
スペランカーさん / 2016年9月6日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi